【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【東方二次創作ゲームレビュー】私の妹がこんなに可愛いわけがない【すいかやさん】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方二次創作ゲームレビュー】私の妹がこんなに可愛いわけがない【すいかやさん】

  フ      こ             し
   ラ    い         ま
    ン  し        ぱ
     ちち               ん
    ゃ  ゃ           が
   ん    ん               た
  も      も           ま
     みの                     ら
   フ     り        な
 フ        こ            い
ウ          ち              よ
よ          ゃ        ハ
 い        ん                 ァ
   い    も       ハ
     わか                  ァ

私の妹がこんなに可愛いわけがないサークル:すいかやさん


ジャンル:実はお姉ちゃんを攻略する妹系アドベンチャー
メインキャラ:
~星屑の章(こいし編)~
【主演】:こいし・さとり
【助演】:付喪神・お燐・おくう

~紅付の章(フランドール編)~
【主演】:レミリア・フランドール
【助演】:咲夜・パチュリー

そして、もう一人の妹が……!

記事を分けようかと思ったんですが、統一します。

title_20130211112651.jpg

頒布:DVDトールケース(弾性があるので踏んだ程度ではヒビ割れたりしませんが割れます)
頒布価格:イベント\1000
動作環境:WindowsXP以降、8は不明。サポート情報明記なし(サポート対象外明記あり)
パッチ:最新版でもう一人の妹編が解禁されます。
体験版:有

ちょっとだけシナリオ


ありがたい事にスクリーンショットがあるのでそちらで

koisi.jpg
flan_20130211112649.jpg
minoriko.jpg
もう一人の妹、と伏せた意味はなんだったのか

本編をプレイした人にしか伝わらないレビュー


基本的に姉目線で進むんですが、いつの間にかお姉ちゃん=あなたが攻略されてます。
いいですか? 現 実 を 見 て く だ  さ い
プレイ前から既に妹キャラに攻略されているあなたは恋という病気です。巣に帰りましょう。
むしろ彼女たちは私が育てた、という紳士の方。病原菌です。もう治りません、というか治ると殺菌されてしまいます。
かくなる上はどんどん広げましょう。

システム周りについて


大体は「あやもみショートストーリー集」と一緒です。

それぞれの違い


ちょっとおもしろいことに気づきました。敢えてごった煮でレビューします。

さとり「鳴かぬなら 姉さん泣くぞ こいしちゃん」
レミリア「鳴かぬなら 言うこと聞かせろ フランちゃん」
静葉「鳴かぬなら 私が泣かすぞ みのりこちゃん」

体験版に全て凝縮されてます。敢えて私が言及するところはないと思いますが、軽くおさらいしましょう。
さとり:こいしのお姉ちゃん好き好きオーラで陥落
レミリア:ぱっちぇさんに振り回された挙句、ハメられた事に気付いた時のフランちゃんの可愛らしさに陥落
静葉:早苗に目をつけられてヤバいと思ってなるようにしてたらボコボコにされて、気付いたら助けに来た妹が無双してた。な、何を言ってるかわからねーと思うが(ry

すいかやさんゲーで気になっていること


敢えてレビューで書く事ではないと思ったんですが、率直な感想なので敢えて述べます。

本作にもありました。キャラクター自身の結びつきが薄いキャラを題材にしたシナリオです。
例えば、本作だと静葉と穣子です。彼女たちは他社に相談しないんですよね。
二人で解決しようとするけど、二人がすれ違ってしまう。
あやもみショートストーリー集の「一匹狼なんて怖くない」にしても魔法少女は友達が少ないのアリス編にしても、「孤独」を題材にしたシナリオが多いです。
実はこれがある意味ではサークル:すいかやさんの本領発揮と言いますか。
実は逆転東方でも孤独故に起こった事件がありました。直接的な動機では語られていませんが、「認められたい」という欲求で突き動かされた事件は未だに印象深く残ってます。
因みに、アリスはここでも事件を起こしています。動機は友達が欲しかったと明確に述べている辺り、コンセプトはしっかり固まっているのかも知れません。

これらの事件は相談さえしていれば未然に防げたものです。
邪推をしますと、きっと制作で苦労されたんだなぁ、というのが浮かばれました。
人とのつながりが大事だよ、と何度も作中で訴えているのは制作陣の悲鳴なんだろうなぁ、と思うと結構深いです。
単純にそういうシナリオが好きなのか、書きやすいのかという部分はありますが、こんだけ言われると、うぅむ。
批判する意図はありませんが、そろそろファンの方にはオチが見えてしまっているのではないかな、と思った次第です。

言いたいこと・1


お姉ちゃんズ可愛すぎるだろjk

言いたいこと・2


プリズムリバーェ……

ご注意


因みに、主題歌は「私の妹がこんなにカワイイはずがない」です。若干違います。ご注意。

サークル:すいかやさんの「私の妹がこんなに可愛いわけがない」でした!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。