【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【東方二次創作ゲーム/レビュー】東方恋魔館 ~Never Ending Quintet Of Scarlet Night~(パッチ有)【そにっく♪ゆにぞんさん】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方二次創作ゲーム/レビュー】東方恋魔館 ~Never Ending Quintet Of Scarlet Night~(パッチ有)【そにっく♪ゆにぞんさん】

と、言うわけでサークル:そにっく♪ゆにぞんさんより「東方恋魔館 ~Never Ending Quintet Of Scarlet Night~」です。
重要なパッチが出てますのでまずはダウンロードからどうぞ。

What's game?


普通にアドベンチャーしてます。崖から転落した主人公が目を覚ますと紅魔館の前。
外の世界からやってきたと説明されるが、レミリアの気まぐれでよく分からないままに紅魔館で仕事を強いられるように。
プレイヤーもよく分からないけど、主人公が固定で名前があるのと、とりあえず目的を伝えられます。そこからゲームスタート。
紅魔館で執事として働く一方、(プレイヤーが)各キャラクターのフラグを立てていく、といった風ですね。
基本的に分岐がいっぱいです。普通にアドベンチャー



ご覧いただければ分かりますが、OPにヴォーカル付、絵師もシナリオもアンソロと気合入ってます。これだけでは分かりづらいですが、BGMも東方アレンジと結構ガチで作ってます。
パッケージが簡素に見えるのが残念なぐらい、中身はしっかりしてます。言わば逆パッケージ詐欺ですね。

title_20130103123835.jpg

ゲームについて


クイックセーブ・クイックロードが実装されており、Prevまであるので選択肢に非常に強いです。CG回収だけでなくルート回収も簡単です。ここまで至れり尽せりなのはちょっと感動モノ。
コンフィグでセーブ確認画面やロード確認画面の設定も出来るので痒いところに手が届くようになってます。
もちろん、オートモードやスキップモード、ログは手元にすぐ見えるようになっており、いわゆる吉里吉里だとかNScripter製のちょっと触りにくい感じではないです。
UI周りもちょっと気を遣ってるのが窺えます。

play.jpg
config.jpg
傾向としては、対象のキャラを絞っていく、ごくごく順当なギャルゲーテイストです。
恋路を阻む存在はとりあえず出て来ません。一部例外はありますが、基本的にプレイ中はストレスフリーです。

select.jpg

敢えて気になった事を挙げるなら、主人公の性格がアレなのでプレイヤーを選ぶかも分かりませんね。
幻想郷入りシリーズにはありがちと言えばそうですが、先入観を持って遊んで欲しくないなぁ、とも思うんですよね。

見どころ


パケイラでガッカリした人に朗報です。

こあルートがあります!
こあルートがあるんです!

しかもこりゃ~ワンチャン来たな!って描写も見えるので落胆された方は是非とも手にとって欲しい。そう思いますね。
元々は予定になかったか、時間がなかったかのどちらかと思いますが、やや強引感は否めなかったのですが、そもそもパチュリー編に小悪魔の役割は重要なので、あながち不自然ではないです。
この様子だとフランドールも同じ要領で追加されるのかしらん。対応も早かったので期待したいのが本音です。

別のシナリオの話になりますが、個人的には美鈴ルートのようなギミックがあるとダラダラやるだけのゲームじゃなくなると感心する反面、きちんと遊んでほしいという製作者のメッセージをユーザーがどれほど汲み取ってあげられるか、気になるところではあります。
そこを機能でカバーしているので敢えて不満と呼ぶようなものではないと思ってますが、そこで反感を買われるのが勿体無いので言及しておきます。

さて、既に次回作の話と色々追加したい要素があると公式で言っているので、今のうちに買っておくのも良いかと思います。
今現状でも仕上がりに不満はありませんが、痒いところに手を届くようにしたいとの事なので、その時に買ってもいいでしょう。
東方恋魔館」もしくは「そにっく♪ゆにぞん」さんの名前だけ覚えておくのも意味はあります。

一度でも、”視”れていたなら


とあるルートより引用してます。結構重要なキーワードです。
プレイ後に思うに、このゲームはここで終わりじゃないぞ、っていう意味だと思います。
その真意は、実際にプレイして確かめて下さい。

サークル:そにっく♪ゆにぞんさんの「東方恋魔館 ~Never Ending Quintet Of Scarlet Night~」でした。
遊ぶ際はパッチをお忘れなく。

ちょこっと要望
パチュリー編・小悪魔編のようにEDムービー後にちょっとほんわかする話があるとユーザー的にはきちんと「締め」てる感があって良い感じです。
こぁのたわわないちご大福とか!すんばらすぃ!ので!
おっぱいは!母性だ!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。