【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【備忘録】selectで得た結果をcountする方法【志摩嶋エイジ】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【備忘録】selectで得た結果をcountする方法【志摩嶋エイジ】

プログラマのためのブログになりつつあることを懸念しつつ。
正味な話、仕事で覚えた内容はすぐ忘れるのでどっかにアウトプットしとかんとほんとうに怖いんですよね。

ってことで、掲題の通り。


select count(*) from(
サブクエリ
)
エイリアス名;

エイリアス名は大事です。無いとエラーになります(mysqlで確認)

Q.エイリアスとは?
A.ggr
【いつも頼りになる先生へ】

結果を分かりやすくするために、今お使いのクエリで正しい件数を得てから、以下を試してもらえれば分かるとおもいますよ。

1.普通にクエリ実行
select (ふがふが).ほげほげ from ふがふが
2.そのクエリをカウントしてみる。
select count(ふがふが.ほげほげ) from ふがふが
(group byでもやってないと検索結果は1件になってるはず。やってた方が効果が分かりやすい)
3.それぞれをサブクエリにして結果を見ると……?

わずか20分足らずの話でした。ちゃんと調べろよ……
ソース:ついった
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。