【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【東方二次創作ゲーム】東方地鎮祭【しるふ・わーくす】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方二次創作ゲーム】東方地鎮祭【しるふ・わーくす】

どもです、えーです。生きてます。この記事書きなおすの三回目です。ブラウザとの相性は大事やでぇ……!
ええかげん待たせるのも悪いのでちゃかちゃかやっちゃいます。時間重視なのでスクリプト使わなくなった分軽くなってるはず。

東方地鎮祭Ver1.02


かねてよりずっと遊び倒していたサークル:しるふ・わーくすさんより「東方地鎮祭」です。
地鎮祭タイトル

ゲームとしては普通のモノポリーですが、それぞれのキャラクターに特性があり、キャラクターごとに戦略を立てて幻想郷制覇(外ユニットのパワーを0未満にする)を目指します。

今回使用できるキャラクターは以下の通り。
博麗霊夢・他者の土地に止まった時の被害が半減される。
十六夜咲夜・一度パワーが尽きても復活できる。
射命丸文・ダイスが3つになる。
東風谷早苗・集会ボーナスが倍になる。

スクリーンショット


地鎮祭イベント
地鎮祭マップ

パッケージ風
地鎮祭パッケージ

Pickup


モノポリー自体がダイスの出目に影響されるゲームなので攻略も何もないように感じますが、実はかなり頭を酷使します。
周回を多くしてボーナスを突っ込むか、土地にパワーを送ってエリアの回収率を上げたり、エリア制覇で大幅な回収を目指す
など、やり方はいろいろあります。
プレイヤーが選択できるのは、土地にパワーを送るかルートを決める、アイテムでサポートするとかぐらいなので、多少出目が悪くとも乗り切るだけの用意が必要になります。
そこにキャラクター能力があるので、如何にライバルの能力を抑え込んで、優位に立ち回れるかが鍵となります。

コツとしては、自分のプレイスタイルを見つけてしまうことです。
じっくり土地を育てて大罠を作るか、速攻で周回を回してボーナスで差をつけるか。
遠回りのルートは強い土地が多く、最短ルートはほとんどが弱い土地であることが多いです。
弱い土地も独占すれば安くして強いルートになりえるのでここを重点的に抑えるのも良いですし、早い段階でライバルを大罠に招くことが出来れば早々に退場してもらえるでしょう。
相手を倒すか、自分を守るかという一点で、今後の戦略が変わります。

PV




ここがすごい!


ここまではモノポリーの話ですが、ここからはイベントについて。
ゲーム中、特定のマスにてイベントが発生することがあります。例えば、製品版ではありますが、それぞれのシナリオに沿ったキャラクターの方針があり、それに従ってルート選択をすると、それぞれのイベントが進行します。
問題は、ルート選択の余地がなくなることです。
そちらに行けば、他者の土地に上がり込んでパワーを奪われる危険性があり、気軽に踏み込んでいける環境であるかどうかは今までのプレイの流れによって大きく変わります。
今現在では、イベントによってゲーム性や難易度が変わったり、ということはありませんが、ゆくゆくはどうなるか分かりません。
推測の域ですが、初期のパワーに差があって、シナリオを進めればだんだんプレイヤーに有利な補正がかかってきてやっと対等な条件になったり、とかも考えられます。
もしくは、特定ターン以内にイベント消化してシナリオを攻略しないとならない、とかですね。
この部分が今後どうなるかはなってみないと分かりませんが、こういう楽しみ方もありではないでしょうか。

お問い合わせ


サークル:しるふ・わーくすさんはこちらより。
実は本作、アンドロイドアプリ(GooglePlav)にてスマートフォン用の無料体験版がダウンロードできます。
Android2.3で起動確認しましたが、動作がめちゃくちゃスムーズで思わず噴きました。
更にMacでも遊べるようで、詳細な情報が書かれています。Windows以外でも遊べるゲームとしてはかなり珍しく、需要が高いのではないでしょうか。
地鎮祭バナー
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。