【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【東方二次創作】東方玉神楽【志摩嶋エイジ】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方二次創作】東方玉神楽【志摩嶋エイジ】

タイトルよりお久しぶりです!え~ちゃんです!
うっかり自分でもこのブログの存在価値を失念するところでした。
書く事は多々あったんですが、細かい事が重なった為に浮気と心変わりを繰り返していた結果ですね、ハイ。

さて、本日は久しぶりにレビューと行きたいので、一つ気になったものをご紹介します。
東方玉神楽(管理:彼方さん)という作品なのですが、こちらは過去にご紹介しました、東方人形劇風なブラウザゲーです。
ブラウザゲーと言えば、水冠さん(旧九番卓さん)の魅魔の宮殿が非常に印象強いかと思います。
が、こちらは放置ゲーではありません。放置しててもシナリオが進行するわけでもないので、従来のブラウザゲーの形です(ぇ)

本作品については、東方人形劇もしくは本家(?)のポケットモンスターをご存知の方にはわざわざ解説する必要がありません。
本作は見れば分かります、というか見て分かってくれ、というぐらいに知名度の高いシステムだと思うので、いつものようなご紹介は省略します。
違うのは、各キャラクター(コダマ)に専用技がある事と、オリジナルキャラクターや設定がバンバン出てきます。
ポケモンユーザーにはあまり関心のないところではあるかと思いますが、ストーリーに拘る方は要注意。

と、丸投げしたものの、やはり初回プレイは戸惑うかと思うので、以下にちょっとした手引きだけでも。

御三家について


ポケモンシリーズの定番ですね。
今回の御三家は属性の有利・不利といった事はあまり気にしなくてもいいかと思います。
まぁ東方人形劇Ver1.8以降を遊んだ方はご存知かと思いますが、進化したら属性が書き換わるコダマが結構多いです。
進化のルートもひとつだけじゃないのも御存知の通り。なので、後々を考えるなら誰を選んでも一緒です。
あくまで、序盤のご自身のスタンスと嫁でどうぞ。

とは言え、幾つか指標はあった方が判断しやすいと思うので、わずかではありますが参考にされると良いかと。

ちびあや


放っておけば手がつけられない、の代名詞こと文。
一撃離脱に優れ、ほぼ確実に先手が取れるのが強み。パワーアタックで強気に攻めるのが上策ですが、風は融通が利かない事も多いので、パーティーはそれなりにサポートに徹するコダマを並べると進行しやすいです。

れいせん


状態異常のオンパレードで常に優位を作ろうとするのに優れる鈴仙。
攻撃力こそ若干不安が残りますが、状態異常の豊富さを考えると序盤からゲームの流れを作りやすい事を評価すべきでしょう。
ただ、相手だけ狂ったように運のいい場合とか本作では普通に出てくるので、状態異常頼みもあまりオススメはしません。

ちびアリス


アリスが戦闘中でなくても効果の残るスペルでサポート・ジャマーが出来るのが強みのアリス。
彼女自身の攻撃力は期待できませんが、育て方によっては攻撃も出来るオールマイティーキャラになりますし、ジャマーに特化して場を引っ掻き回す事も出来ます。
その強さは高レベル帯で存分に発揮されるでしょう。

回復アイテムについて


本作は回復はほぼ禁じ手と言ってもいいぐらいにありません。
スキルで回復も目にする事があるかないか。
よって、先手を取る事の重要度が本家と比べ物にならないぐらい高いです。
なので、回復を前提にする戦術は使えません。
ただし、受けたダメージを返す系のスキルは強いです。

フィールドについて


細かい動きや調査は出来ないため、シナリオパートはあってないような物、とは言いました。
が、回復アイテムがないためトレーナーバトル後は戦闘不能や状態異常を含め完全回復しますので、序盤はコダマを大量に集めた方がやりやすい事も。
但し、経験値を引き継げるのは6体までです(一定の開発支援をいただけば容量の拡充が出来るとの事。詳細は公式にて)
まぁ、コツコツ育てるゲームなので引き継げない方が細かいところまできちんと育てられるというメリットはあります。

ストーリーモードについて


現在も更新・追加中です。
ある程度進んだら急に進まなくなった、とかあるようです(この書込み時点ではまだそこまで行ってないんですが)
アナウンスは公式ウェブサイト上のインデックスページで確認出来ます。

大体これぐらい覚えていけば、後はフィーリングで分かるかと思います。
オークション等々は序盤では相場を知るまでは謹んでおいてもいいぐらいかと思います。


東方玉神楽(管理:彼方さん)でした
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。