【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【考察】SNS・CMSとの付き合い方について【志摩嶋エイジ】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【考察】SNS・CMSとの付き合い方について【志摩嶋エイジ】

久しぶりにマリオカート初代をば。え~ちゃんです。
元々は「レインボーロードの初代ってどんなん?」から始まったんですが、どうせなら見てみろと言った手前、ちょっとでやってみました。
普通にやると面白くないのでフレームスキップしたら別ゲーみたいになって難しすぎてワロタwww
いやぁ、無茶はするもんじゃない。

さて、本日はどうも気掛かりなお話がありましたので。
最近google+やらmixiページやらと言ったSNS系をちょこっと触り初めて見たので、使ってみた感じを。

SNSって言うのはまぁ分かりやすく言えばmixiやらpixivやらfacebook、私も愛用しているTwitterと言ったコミュニティ登録形式のネットワークサービスですね。
モバイルで言うとGREEモバゲーとか。出会い系もありますが、ここでは触れません。
まぁ要するにシステム側が自分に近い人を選定して紹介してくれるサービスの事ですね。類友発見機とも言いましょうか。
最近はそういう場所が多いんですが、昔ではウェブリングとか検索サーチとか登録して~と自分で探しまわらなければならなかった時代がありましたね。
大手サイトさんに登録してもらったり何やら~と言うのもありましたが、今はむしろ逆に一つ登録するだけで全部が芋づる式につながるのです。
本当にソーシャルネットも便利になったものです。


閑話休題
まずgoogle+ですが、設定事項が多い多い。facebookに似ているイメージを受けますが、こちらはホンミョウガーを発動していないので日本人にもウケが良い感じですね。
facebookにもありますが、カレンダーやらドキュメントやらコメントやらって機能が並びますが、どれも直感的で変更・更新にゴチャゴチャ言われないのもいい感じ!
なんで一つ一つ事を起こすのに審査やら何やらを通さねばならんのか。これでは「見られている」んじゃなくて「見張られている」感じがしますわ。
特にgoogle自体も中国から検閲を受けた事があってか、その辺りには理解があるみたいです。

とは言え、今のご時世一つで全てを賄うのは難しいと考えるべきでしょう。
と言いますのも、現状はまだベータ版であり、人柱版でもあります。絶対的な人口が少ない上、招待制なので気軽に入れるものでもありません。
後々に一般公開するとはありますが、あまり期待してもすぐには出来なさそうです……。

同じ招待制のmixiですが、こちらはかなりの古参で元々唯一性が高かった事もあり、今でもそれなりの人数はいます。
今ではかつての隆盛は見えませんが、それでも国内大手らしくコンテンツ(人?)は充実してます。
今でも遊ぶにはちょうどいい環境が整っているとは思いますが、正直なところを言うと閉鎖的な環境故にmixiページそのものの需要を感じないし、意義もない。
ついでに言うとSEOの観点からもあまり推奨出来たものではありません。大元のmixiがローカルなので、集客効果や制作に掛かるタイムコストには見合わないでしょう。
テンプレート使い回して遊ぶぐらいには楽しいんじゃないですかね?
mixiユーザーで日記をよく書く人にとってはHTMLの登竜門になるでしょう。

facebookgoogle+は検索すれば引っかかります(もちろん、出来ないように設定は可能です)
が、こちらはコテコテのCMS環境なのでオリジナリティを求めるユーザーには変更箇所や表現を束縛されているように感じることでしょう。
もちろん、ある一定の基準があってCMSレイアウトというものは為されているワケですが、(言い方は悪いのですが)細かなレイアウトに拘るユーザー諸氏はプライドが高いのでどうもオリジナリティに陥りがちです。
そりゃ見てて画一性の取れたページに独創性を持ち込みたくなる気持ちは分かりますが、方向性が見えなくて迷走を始める事も多々。
ある意味「大きな失敗をする事がない」システムを「自己責任」でねじ曲げて好き勝手やる訳ですから、リスクを背負い込むワケですが、この辺りに対する危機管理がまるで「ヨソでトラブルがあるみたいだけど俺は大丈夫」って言ってるようにしか見えないわけで。
こういうソーシャル系は特にヨソのトラブル自分のトラブルが全体に負荷として掛かってきてしまうので、ユーザーが好き勝手出来ないようにしてあるんですね。
この辺りの線引きをどうするか。コアなユーザーにはfacebookgoogle+は面白いと思います。
ただ、デザインレベルから要求する方には従来のウェブサイトやウェブログをオススメします。

ソーシャル系のメリット・デメリットは正しく見つめて、自分に合ったSNSを利用しましょう。


余談?いや脱線。
昔懐かしの将棋やら囲碁やらと言った卓上ゲームをやってみましたが、今の100円ソフトの方が強いんですね。
技術の進化は恐ろしいものです。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。