【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】第1273回「今の自分の周囲の状況を小説風に書いてください」

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1273回「今の自分の周囲の状況を小説風に書いてください」

突っ伏していた体をゆるりと起こす。
うっすらとぼやけた視界に見慣れた景色を呼び込むのにそう時間は掛からなかった。
久しぶりに帰った家は、慌ただしかった昨日までとは無縁の広がりを見せていた。
壁一面中に白が並び、引き戸が無愛想に鎮座している。

音もない。
ただ、何もない箱の内側で、発光体だけが存在を主張するかのように立っていた。

「しまったぁ、値落ちかぁ」

これで何度目になろうか。
とりあえず、目の前のパソコンに向かって「おはよう」とだけ打ち込む。
寝落ちの原因に向かって毒づく割には、結局値落ちをした自分自身の事は棚に上げて、一時の会話を楽しむのだ。

さて、Twitterのタイムラインを眺めれば、24時間ポストが絶えない。
もうどこからどこまでのログを読んだのかすら覚えていない。
面白そうな話とUIだけをサラリと眺めて、とりあえずインタビューでも投げてみる。
インタビューズは最近始めたものだが、これが結構面白い。
何故なら、匿名性が高いという事で敢えて特定されそうなギリギリの際どい質問を投げつけて特定されなければ勝ち、とかいう訳の分からない遊びにハマっていたからである。
その為には、常に彼らの言動をTwitter経由で眺めて性格をつかみ、どこまでがボーダーラインなのか、というのを見極めるという、
彼の論で言ってしまえば人間観察をしつつ、言質を匿名で投げるという一種のスポーツであった。
ねじ曲がった楽しみ方とは言うが、彼にしてみればそこが面白いのだから仕方ないのである。

さて、それなりに満足したのか、彼は寝そべった体を起こし、もう一つの発光体へ向かう。
手近のノートパソコンはあくまでも軽作業を行うためのもので、本格的な作業は全てデスクトップパソコンで行うのが彼流であった。
正直なところ、引越した関係でネット回線は全て光化し、デスクトップパソコンでは無線受信出来ないため、ノートパソコンを中継して接続するという、
無駄に手間の掛けたながら、しかし彼にとっては日常のそれを通して行っている。
つまり、ノートパソコンが動かないとデスクトップパソコンはネット開通が断たれてしまう。
その為、ネットワークサーバーの要領でノートパソコンを使う関係で常に使い続ける事になるわけだが、しかして24時間も繋げっぱなしにすると、
インターネット危機、俗にいうクラッキングの被害を受けやすい為、接続は最低限で行おうという意識があったのだ。

だが、分かっていても出来ない事があった。
寝落ちの驚異性である。
敢えて彼を弁護するのであれば、一昨日に大きなイベントがあり、作品を出品する為に連絡だけで東奔西走していた為、彼の気が休まる事はなかった。
それは、志を同じくする同志の為とも言おうか。

彼は神経質な男である。
全てが彼の理解に及ばない事を嫌う。
従って、余計に連絡を取ろうと躍起になるのだ。
本人も急がぬ時は「もっとメンバーを信頼しても良いのだ」とは言うものの、やはりここ一番は自分で確認したくなる癖がある。
もちろん、よく言えば慎重なのだが、この緊急時では心の底から信頼しているのか?という疑惑を与えてしまう。
その辺りは各者の判断に任せるところではあるが、少なくとも彼にとっては連絡しようとしまいと、精神的な負担になりうるのだ。

何と言っても、結局は自分のサークルである。もちろん、複数人でやっているからには「自分のサークルである」と言い切ってしまうのは間違いであろう。
自分とメンバーと、サークルに関わる全ての人との絆を「ネットワーク」と称しているだけに、人々の環(和)がイコールサークルを作っている。
少なくとも、彼はそう考えていた。

しかし、結局のところはなんと言っても作品を落とさない為に精一杯だったのかも知れない。
それが、今の彼を作ったのだ。


こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「今の自分の周囲の状況を小説風に書いてください」です。普段から趣味などで小説を書いている方、文章を書くのが好きという方。ブログという媒体を自己表現の場に選んでいるので、それなりにいらっしゃるのではないでしょうか今日のお題はちょっと変り種。あなたの今の周囲の状況を、小説風に表現してください長くなくても大丈夫!数行でもいいの...
FC2 トラックバックテーマ:「今の自分の周囲の状況を小説風に書いてください」



とりあえずやってみました、え~ちゃんです。
何事か、と思われた方も多いでしょうけれど、なんか面白そうだったのでノッてみました。

と言うのも、久しぶりにテキスト書くしリハビリやろうと思ってとりまでっち上げたぐらいなんですが、マジでなんか冬までに作品一本上げる、みたいな流れになっちゃってる関係で、
ちょっと本気で一筆入れないとマズイかなぁ、と思って急遽考えてみた次第ですん。
作品(?)に対するご意見などなどはコメントやTwitterで下さいw

制作時間:1時間ほど。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。