【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【裏話】こみトレ作品制作秘話【志摩嶋エイジ】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【裏話】こみトレ作品制作秘話【志摩嶋エイジ】

こんな話を外に持ち出すもんじゃないんですけどね~。
あんまりにアレなんで追記に回しました。
見せられないワケじゃないんですが、おおっぴらにするのも……ねぇ?

追記

はい、ど~も志摩嶋エイジですよ~。
メンバーと協議しながらの記事ですが、まぁぶっちゃけ同人サークルあるあるを並べただけ?かな……。

サークルとしてイベント参加を始めてしてちょうど一年になります(この記事を書いているのが9/5なので)
もう10を超えるイベントに参加してきましたが、今まで一度とて前日にゆっくり寝て当日を迎えたことがありません(キリッ
その原因が私の思いつきで前日に作品を作ったり、そもそも頒布する作品を作ってなかったりといったケースが多いです。
今回も例に漏れず、C80落ちちゃったなぁ、なんか作品作らんと出すものないなぁ、とか適当にボヤいてるうちに、気付けばもうイベント2週間前を迎えていました。
その間、サークルメンバーも二人増え、彼らにえ~ちゃんねっとわ~くが何やってるところで、これからどうして行こうか(私が聞きたいぐらいですが)、といった話を交え、同人サークルとネット公開の違いぐらいを説明して、さて作品を作ってみようか、と相成ったわけです。
が、今回は新メンバーに自分の作品を手に取ってもらった時の楽しさ・嬉しさを伝えようとしていたワケですが、どうにもその辺りが上手く回せなかったなぁ、と。
結果的に私が主にブースに立っていたワケですし。その間ずっと色紙を描いてもらっていた感じでした。
今回は本当に頒布する物がなかったので、急遽人海戦術を前提に色紙を上げるとかいう無茶リレーをやったためでもあります。

紅楼夢は予めオフセット60Pを前提に考えているので、今回のような色紙メインのブース設営は出来ません。
と、言うのも合同本がメインなのにそれ以外の方を目立たせるのは間違いだからです。
まぁ合同誌じゃなくても、同人誌サークルでグッズが目立ってるのはおかしいワケで、
グッズサークルで本を置いてあまり手にとってもらいにくいのはそういう場所じゃないという雰囲気がブースから漂っているからに他なりません。
サークルブースの人間は、その部分を意識してブースを設営している訳です。
(一般の皆さんごめんなさい!)

え~ちゃんねっとわ~くのミーティングは大体この辺りの話が多いです。
作品がどの傾向で誰がメインか、それが決まればブースの設営の仕方と見せ方、ついでに言うと口上まで考えてる事があります。
口上に関しては、確実にツッこまれるであろう作品の内容とオチ、ネタと絵師。で、描き方辺りについて担当絵師じゃなくても答えられるように幾つか共有するぐらいで、
それ以外の細かい話は直接本人にしてもらって、という感じです。
特に「○○居ますか?」というのが一番多いので「Twitter見てもらったら、今どこにいるのか分かるかも」とはよく言ったものです。
まぁそれで補足された事はありませんが……。

敢えて贅沢を言うなら、会場入りする前に予め合流して、談笑を交えてゆっくり行けるようになりたいものです。
ゲストとか合同とか合体サークルとか!やりたいですね~。
(よく、暗黙の了解として身内サークルに限る、というものが使われますが、当方はそこら辺りはあんまり気にしてません。世帯が大きいからでしょうか)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。