【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【東方二次創作】東方蟒酒宴 Age of Ethanols 動作試験版【Neetpiaさん】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方二次創作】東方蟒酒宴 Age of Ethanols 動作試験版【Neetpiaさん】

結局レビューに戻ってきてしまったえ~ちゃんです、どうも!
一昨日に出たばかりの新作をちょっと遅めですがご紹介します。

や、プレイはしてたんですがちょっと極めようと(ぇ)

当の作品ですね、サークル:Neetpiaさんより「東方蟒酒宴 Age of Ethanols」です。

東方蟒酒宴~Age of Ethanols~

最近レビューさせていただいてますが、そちらのバージョンアップ版です。
なので、違いだけ書いていく事にしますが、ほぼ別物と言っても差し支えないかと思います。

1.ゲームの起動について


初回起動は何かとエラーメッセージとか出てくるかと思います。
代表的なのは、.Framework4.0.3のインストールでしょうか。他に確認したのは幾つかのdll不足。
大体はsystem32フォルダに突っ込んだり、ゲームを置いてるフォルダに突っ込んだら動くようになりますが、動かない場合は公式ウェブサイトにお問い合わせ下さい。
その時、エラーログのテキストを吐いているはずなのでお忘れなく。

2.リアルタイムストラテジー(RTS)とは


コアな東方ファンの方へ:COOL&CREATEさんの楽曲ではない方です。あちらもRTSですが、リアルタイムストラテジーではありません。
要は、止まることなくリアルタイムで動く戦況に対応しライバル勢力を倒すゲーム、なんですが何のこっちゃら分からんですね。
よくゲーセンに置いてあるような、三国志大戦とか機動戦士ガンダム0086、そしてサッカーゲーム(名前を失念しました)みたいに、カードによる配置を戦況に合わせて動かす、といった系統ですね。
これをカードじゃなくてキャラクターアイコン(シンボル?)に変えたものがこちらに。
プレイヤーは手の代わりにマウスポインタ(マウス推奨。タッチパッドはマゾゲーとかいうレベルではないです)で操作する事になりますが、キーボードでショートカット組んだ方がいいです。
理由は後述します。

3.起動したら?


ゲームモードをストーリー・マルチ(オンライン・オフライン)で指定します。
マルチプレイが一般的な、ストーリーだと予め決められた配置や基準に従うので途中からのスタートになります。
以降、マルチプレイを前提にお話します。

本作的に言うと、動作試験版の段階で博麗神社・紅魔館・白玉楼の3勢力ありますが、とりあえず遊ぶだけならフィーリングで問題ないです。
厳密には細かいところがあって戦略的な要素が大きいんですが、正直そこまで分からないのでお好きな勢力を。
ステージも差はありません。
チームとかもフィーリングで。いきなりキツそうなのは経験者以外オススメ出来ません。
さて、難易度ですがそもそもAoEシリーズをご存じない方はPracticeモードがあるので、そちらを選択されると良いでしょう。
難易度を上げるとどんどん敵勢力が攻めこんで来るようになります。

4.遊び方


まずは農民に調達を指示します。各種材料が集まる事で建てられるアイテムが増え、強いユニットを配置する事ができます。
とはいえ、単体で無双できるようなゲームじゃないので効率よく配置する必要があります。
なので、調達するにもかなりの数量を用意しないとなりません。

が、序盤から強いユニットを置くことは出来ません。
材料が足りなかったり、そもそも条件を満たしていなかったりと原因は様々ですが、簡単に出来るものではありません。
条件を全て満たす時も必要な材料を捻出しますし、かと言って条件だけ満たしてしまえば、深刻な材料不足に悩まされたり。
強化を意識しすぎると防衛が疎かになって早い段階で攻めこまれて狼狽える事になったりと、かなり気を遣います。

この系統のジャンルが面白いのは、如何に自勢力を強くしてライバルを退け、打ち倒してしまうかに掛かっています。

5.何故今更こんな説明を?


C77版と全く別物の操作感だからです。
もちろん、基礎的なコンセプトは同じなんですが、プレイして比べて見れば分かる、感覚の違いと言いましょうか。
もしC78未プレイの方がいらっしゃれば、この場にて「進化した作品」と言い換えてお伝えします。

6.比較


まずはグラフィック!
まるで別物と言いたくなるぐらいに綺麗ですね。タイトル画面をご覧になってくださればご覧の通りです。
次にランダム機能の実装。何も考えずに遊ぶにはランダムはありがたい!
そしてストーリーモードですね。チュートリアルとも言い換えましょうか。これについては、マルチプレイにもプラクティスモードは実装されています。初心者の方も、ゆっくり街づくりを楽しみたい方もオススメですね~。

また、プレイしてみれば分かりますが、ユニークユニットのコストが変わったのと、研究システムが一新されました。
材料もバラ置きからサイズ拡大になり、資源回収が容易になりました。
システムやコンフィグはまるで別物です。
ショートカットキー対応、ゲームスピードの指定が出来るのと、あとは各勢力の専用BGMがユニークユニットの原曲を複合させたアレンジと、聴き応えも十分です!

大目玉はネット対戦が可能になった事!今まではシングルユーザーで遊ぶしかなかったのですが、これでリアルにマルチユーザーで遊べる環境になりました!
実際にニコニコ生放送では遊ばれているようで、幾つかハイレベルな戦いを拝見したことがあります。
皆さん、本当に無駄がなさすぎて少しでも遅かったら無抵抗に呑まれてしまいそうです。
もしも鉄火場に出るなら、ショートカットキーはマスターしておいた方がいいでしょう。

7.総評


これでも動作試験版です。普通に有料頒布されてても違和感を持たないぐらいによく出来ています。
また、いきなりエラー落ちする事例もそんなに多くはないみたいで、普通に遊べます。
とはいえ、動作試験版と言われるだけあって100%安定する訳ではないようです。(私の環境では落ちていません)
あまりの好評なので本家でもダウンロード鯖を二つ用意されていますが、絶対に分割ダウンロードはなさいませんよう、勝手ながら皆さんにお願いしまして、レビューとします。
明日にはガチ攻略記事があるかと思いますので、プレイヤーの方はそちらへどうぞ。

サークル:Neetpiaさんでした!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。