【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【東方二次創作】Est【Shallty Gamesさん】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方二次創作】Est【Shallty Gamesさん】

ヒャッハー!RPGだぁっ!
どうもえ~ちゃんです。RPGは嫌いなんじゃなくて、攻略に時間がかかっちゃうので後手後手に回りやすいんですよ~。
本作に関してはサクサク進められる、方かも。

本日はサークル:Shallty Gamesさんより「Est」です

Est

日本ファルコム社のイースシリーズをご存知でしょうか?
敵にうまくぶつかってダメージを与えていくアクションRPGですね。
本作はそのシステムを十分に引き継いでいます。
マップ待機の回復も去る事ながら、アイテム選択までイースっぽいです。
敵出現のタイミングがちとシビアで、逃げて回復して残敵掃蕩をしにくい。逃げたら敵出現=残敵増える、なので、回復アイテムをどんどん投入する事になります。

とはいえ、回復アイテムは一種類1つしか持てません。
重複で手に入れたら体力が自動回復してくれる、なんてこともありません。
抱えるのは勿体無い限りですが、乱用すると必要なときにない、なんて事も。
怪しい、と思ったら先読みしてしまうのも一考。ハズれた時の絶望感が凄まじいですが。

それ以外はごく普通にRPGです。
え?紹介が簡単?
つまり、フィーリングで遊べる! ということになりませんかね~。

まぁアレですね。確かにフィーリングで遊べますが、イース故にコツがありますし、下手すれば帰って来れない!なんて事も。
そうなる前に大体倒されます。確かに記録はどこでも出来るんですが、そんなヤバい状況で中断するかなぁ……。
厳密には詰んでないけど、事実上の詰みになら出来なくはないのかな。
あと、進行方向が違うらしく、敵が恐ろしく強いor触ったら即昇天しました、は結構ありますね。
序盤から終盤まで、一つ画面が切り替わると敵の攻撃力が跳ね上がってヤバい!
同じ画面内でも敵の種類が違ったりすると「なんだコイツヤバい!」とかなります。
ゲームのシステム上、30以上ダメージを受けたら致命傷です。とは言いましたが、その致命傷が連発します。
どれぐらい致命傷かと言うと、割合回復が一回分で2秒ぐらい。これを削られた分。
回復の割合は一回辺り最大値/100>=1なので、待機による回復はあまり見込めません。

被ダメを手っ取り早く抑えるには、良い防具を揃えるかレベルを上げる以外にないでしょう。
特にレベルを上げるのは上昇率の観点からお勧めです。手っ取り早いですし、稼げるところで稼がないと後半が辛くなってきます。
ただ、後半は後半前提の伸び率と上昇点だからちょっと無理しないと倒すのは難しいでしょう。
何回倒せばレベルアップ、とか考えるのも辛くなってるかと思います。つまり、考えられるうちはまだレベルアップの余裕がある、という事になります。

ちょっとしたテクニックを要求しますが、そもそもダメージを受けない立ち回りやリズムを掴んでしまうのも良いでしょう。
敵のクセを見切ればダメージも飛躍的に抑えられる事でしょう。
ヤムチャだけは阻止しましょう。しても良いことはありませんよ?

あれ?フィーリングで出来る?
うん、アクション要素が強いだけだろう、うん。
こんなもん、そんじょそこらのRPGでもあるはず。
と、思ったものの、頭を使ってもこんなテクい事は出来ないのでそんじょそこらのRPGでは比較にならなかったかも知れないですね~。
どこまでもイースらしさを求めてるなぁ、と関心してしまったのが今さっき。
自分で言うのもナンですが、書いてみて初めて分かる事もありました。

RPG系にしてはサクサク進むんで、RTAするのも楽しいかも知れません。
とあるイベントが重要なファクターになりそうです。

サークル:Shallty Gamesさんでした!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。