【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【東方二次創作】東方スカイファイト【領域ZEROさん】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方二次創作】東方スカイファイト【領域ZEROさん】

レビューラッシュのネタバレ:過去に遊んだ作品のレビュー忘れ・出し損ない。どうもえ~ちゃんです。
出し損ないって書くとアレな表現ですが、その時は出せたけどリレビューしているのが大体です。

とまぁ、ちょっとしたグチはアレとして。
本日分はサークル:領域ZEROさんより「東方スカイファイト」です。
最新版:Ver1.01(レビュー時点)

東方スカイファイト

なんてことはないリアル友情崩壊ゲームでした。
スマブラ系列の作品にも同じことを言ってきてるので、このブログは初めての貴方、力を抜こう。

まぁ、こういう事ですのよ。

  1. ステージ画面の狭い空間でのスコアバトル。画面外に出たらスコア半減

  2. 変なアイテムを掴まされて自分のスコアを敵にばら撒く。効果が切れた頃合いにはスコア0

  3. スペカで画面外に押しやられ撃墜余裕

  4. ステージの役物に飛ばされスコア半減


これらの事象は「何もしてなくても起こります」し、「ガチプレイになればなるほどスコアが下がります」ので、生き残りを掛けた戦いに発展します。
と言いますのも、黙って回避に専念した方がスコアが伸びるゲームだからです。
攻撃に意識をするとスコアを零しますし、うまく攻撃を捌かれると立て直すのが難しいです。
バリアがどれほどありがたい存在か、やればすぐにでも実感することでしょう。

とはいえ、何らかのミスが生じた時、その差は歴然です。
勝つ為には正攻法ではどう足掻いても勝てないので、手っ取り早く画面外に送ってしまいましょう。
序盤で半減されたスコアと終盤で半減されたスコア。どちらが痛いかは明白なので、突き出すなり突き落とすなりして優位な場所を陣取ってしまいましょう。
無論、その体制を維持するのは非常に困難で、スペルカードや突き落としの対象になります。
バリアをいち早く回収出来るかどうかが勝負の分け目になるでしょう。
最大2つしかストック出来ないので、使えるタイミングでどんどん使っていきましょう。
対戦の攻略法は場合によって千差万別。なるべく敵の攻撃を受け流すように動くのが大体に於いてベターです。

アーケードモードは対戦とは限りません。
それぞれのシナリオに従った攻略条件に挑むわけですが、対戦してからのプレイをオススメします。
アーケード=チュートリアルと考えたくなる気持ちは分かりますが、初見プレイでは面白さが分からないままにミスの連発を築く事になりかねません。
もちろん、ミスするから面白いという発想は分からんでもないですが、思っている以上には楽では無いかも知れません。
もちろん、この手のアクションに慣れている人にとってはこれ以上に難しい難易度はアーケードでは用意されて居ないので、対戦でマゾいプレイをしたりチャレンジモードでスコアアタックも良いですね。

とは言いましたが、アーケードモードはチュートリアル前提にしてあります。
基礎的な移動やステージの特性を理解・対処はもちろんの事、なるたけスペルに頼らないプレイの基礎を掴むのにアーケードクリアは目標にしてもいいかも知れません。
ノーミスクリア出来るようになった頃合いから、ネットワーク対戦に出てもそれなりに戦えるレベルになっていることかと思います。

レビューを書いているのが、次作の「東方スカイアリーナ」が頒布されてからになるので、間違いやすいのですが、本作と次作は全く別のゲームです。
システムや仕様周り、ゲーム性から違いますので、書店でお求めの際はお間違いなきよう。

サークル:領域ZEROさんでした!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。