【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【東方二次創作】東方スカイアリーナ【領域ZEROさん】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方二次創作】東方スカイアリーナ【領域ZEROさん】

グフフ……われはレビューを書き続けるロボットになったんじゃ
ギギギ……!

え~ちゃんです。

迷走してますが、意識は確かです。
病院送り一歩前ぐらいでギリギリこっちに居られます。

本日分はサークル:領域ZEROさんより「東方スカイアリーナ」です。
最新版:Ver1.02(レビュー時点)

東方スカイアリーナ

まず、前作のスカイファイトと大きく違うのは2D/3Dでしょう。
その関係で要求スペックが大きく上がってます。
スカイファイトは遊べたけど、スカイアリーナは遊べない、なんてよくあります。
どれほど違うのかは、是非とも体験版を起動してみてください。

続いて、昨日分の方にもありますが「別ゲーです」のでゲーム性の違いによる「合う・合わない」は出てきます。
ゲーム性、というとアレですが少なくとも上からシバいたり、画面外に追放するゲームではありません。
シバいたり、画面外から攻撃したりされたりはします。

前作はガチャガチャやってても勝てない=落下でしたが、今作はガチャガチャやってたら気付いたら終わってた、なんて事も。
もちろん、画面を見れば大体どうなってるのか分かるようになっていればそれだけでネット対戦に出られるレベルですが、最近はどうでしょうねぇ~。
一時期は大流行したものですが、今は募集を掛けるスタイルが主みたいです。
通常募集もあるにはあるみたいですが、ご自身で積極的に人を求めていった方が良さそうです。
Twitter辺りなど、告知に向いた場所などで呼びかけられてみては如何でしょうか。

慣れないうちだとダメージが通ってるかどうか分かりにくい、というのもありますが、明らかに動きが違うので技を盗むにはちょうどいいやもです。
問題は簡単に言うほど盗めるものではない事ですが。
と、言いますのもAI制御が難しくてあまり強さを実感しにくい部分はあると思います。
ぶっちゃけるとCPUレベルを上げても勝つ時は勝つし、負ける時は負ける。そんな感じです。

マニュアルには色々と細かな説明はありますが、本作に関しては開き直ってガチャってから解説を見た方が分かりやすいのではないかと思います。
それを前提にした上で、操作方法の用語を頭に入れていくとテンポよくコマンド・スキルが理解できるかと思います。
親切にもチュートリアルがあるので、そちらをまずは理解された上で追記をご覧いただければ、と。
緋想天・非想天則じゃないんですが、トレーニングは必須!
ゲームの話を書くとどうしても攻略っぽいので、その辺りは全部追記に回します。


ここからはあまり攻略に抵触しない範囲で基礎知識を。

前作から引き続きキャラクター・声優さんは変わっていません。
一部抜けてしまったキャラは居ますが、新しくアリス・妖夢・諏訪子・空が加入し、より選択の範囲が広がりました。
キャラクターそれぞれに2種類のタイプが用意されており、スペルカードが違います。
どう違うのか、というのはタイプ名でお察し?かな。
ショットからチャージスペカまで掛かってくるので、結構重要なファクターを占めます。通常で主に使用していくので、拘りがある方はココ重要!
拘りがなくても重要です。嫁ゲーマーなら、まずはここの特性を理解したいところです。

後は基礎的な操作に従えば前後上下左右・ガードに近接打撃を。
特にガードの見切りが大変です。一瞬でブーストで距離を詰められる感覚が分かるようになるまでは右上の簡易マップレーダーに頼り切りになるでしょう。
ゲーム慣れしないうちは上下の概念を忘れがちになりますが、弾幕をうまく回避するには高さの概念は非常に重要です。
まずはあらゆる角度から状況を把握出来るようにしましょう。3Dの概念さえコツを掴めばしめたものです。

最後に重要な選択が「曲」です。
Hi-Tension SpellやClimax-Spell Finaleのトリガーになり、ダメージが飛躍的に向上します。
もちろんお気に入りの曲であることは前提条件になりますが、なるたけご自身の戦闘スタイルに合わせると良い所にHiやClimaxも持ってくる事が出来ます。
ある程度の戦場操作は当然必要になってきますが、曲と共に大きな打撃を与えるリズム作りはダイレクトにプレイヤーを刺激してくれる演出でしょう!
なければ、自作してしまうのも……!
戦術で固めやコンボと言いますが、全ては戦況を操作するための布石でしかない、といえるのが本作です。
まるで将棋やチェスをやっている感覚に浸れますね。
尤も、そこまで考えて遊べるほど余裕があるとも言えませんが。

と、ここまでが基礎知識(マニュアルに載っている)ですが、明らかにプレイ経験者を対象にしている内容としか思えないため、未プレイ者には何度も口を酸っぱくしてますが、文章でいくら飾ってもよく分からないゲームの部類かと思いますので、ガチャって、それから理詰めと行きましょうか。

サークル:領域ZEROさんでした!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。