【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【東方二次創作ゲームレビュー】東方雀姫譚【いつものところさん】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方二次創作ゲームレビュー】東方雀姫譚【いつものところさん】

生きてます、え~ちゃんです。
レビューラッシュの予約投稿忘れて下書きで放置していたという体たらく……。
以下、続きますです。

本日分でお届けしますは、サークル:いつものところさんより「東方雀姫譚」です。
原画はサークル:YOU!YOU!YOU!さん

東方雀姫譚


従来の麻雀ゲームと違い、コンビ麻雀形式です。
霊夢・紫グループと魔理沙・アリスグループに別れての異変解決を目指します。どっかの永夜抄と同じシステムです。
コンビ麻雀なので、パートナーに送り込んだり、わざと振り込むといった、ちょっとしたテクニックを要求されます。
が、パートナーのAIはそんな事はお構いなしにガンガンやってくれるので、実はパートナーを扱うのが難しいゲームです。
なので、麻雀自体にあまり慣れてない人にはオススメできないーと、言うのが常ですが、本作にはそう言わせないだけの用意があります。

まず一つは付属の麻雀講座本。
この本は麻雀の基礎ルールはもちろん、序盤の流れから牌効率までしっかりと教えてくれています。
(本中では牌効率という用語を使っていませんが要するにそういう事柄を教えています)
加えて、ゲーム中にて慧音先生によるチュートリアルがあります。こちらはより初心者向けに説明されてあり、そもそも麻雀とはどんなゲームか、という定義の話からなされています。
初心に帰るつもりで全部受講しましたが、なるほど私程度ではまだまだ学ぶべきところがありました。
麻雀、奥深し!

丁寧な本があるということで、ゲームの難易度はこの本の内容を前提としている感じがします。
と、言うのも結構難しい!コンビプレイなのに流れを読まずにガンガン和了ってくれる為にやりにくい事この上ない!
あまりの空気読めなさに、実はパートナーは敵側についているのではないか、と思ってしまうぐらいにアレな事をやってくれます。
こんな事の為に悔しいですが、トス役をこなしながら和了りに行かなければならないのでかなり厳しいです。
高い手を張ったら味方に和了られず和了らせず聴牌に持っていかなければならないわけです。味方なら振りこんでもプラスマイナス0ですし(時と場合によって事情が変わります)ツモれば2/3(1/2)は回収出来ますし、なかなか悪くないです。

さて、ゲーム自体のコンティニューは簡単に出来ますし罰則がついたりとかしません。
というか、敵が強すぎて南無南無。
ノーコンティニューもなかなか難しいので、これぐらいが丁度いいかと思います。
ヌルゲーと言われてもアレですが、本作を始めた人には非常に助かるシステムです。
このゲームをそれぞれ一周する頃にはプレイヤーもリアル麻雀に対応できるぐらいには強くなるでしょう。
数ある麻雀ゲームで最も効率よく強くなれる作品ではないかと思います。

サークル:いつものところさんでした!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。