【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【覚書】JavaScriptでHTML要素したり連想配列の設定とか【志摩嶋エイジ】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【覚書】JavaScriptでHTML要素したり連想配列の設定とか【志摩嶋エイジ】

レビューラッシュとはなんだったのか。どうもえ~ちゃんです。
ちゃんと記事自体は出来てるんですけどね~、なんでだろう。こうズルズルと後回しにされていっているのは。

8時間ほどハマったので、むしゃくしゃしてやった。

と、いうので、もう調べ物に時間を割きたくないのでハマったとこを全部列挙しておきます。
完全に自分用ですが、需要があればどうぞ、持って行ってくださいな。


thisの使い方について
例えば、href要素の文字列を取り出したい場合とか。
どこを探してもa要素にid割り振っていたものばかりだった訳ですが、うちとこにそんなもんはない(キリッ
と、いうことで、idなくしてhref要素を拾ってくることになりました。

location.hrefで現在閲覧しているURIを持ってくるので、これをthis.hrefにしてやるとそのまま拾ってきてくれます。
勘違いしやすいので注釈すると、location.hrefで現在のページが、location.hashで現在のページのアンカーを持つので、thisにした時も同じように指定してやる必要があります。
つい思わずhref.hashとしたくなるが、そんなものは存在しない命令なので確実にエラーが出ます。

またまた連想配列の話を蒸し返しますが、JavaScript連想配列は原則的にはObject型でした。
以前の講義ではArray型だと思ってましたが、よくよく見るとそんな事はありません。ご注意を。
よって、オブジェクトなのでプロパティをベタベタくっつけられます。ややこしい表記をしてましたし、作っていた作品もそれに準えてありますが、あんな面倒な事などせずクラス化してメソッド放り込むなりでもっと簡単にやれた事に今更気づきました。
実際に公開・頒布する時にその辺りはちゃかちゃかと合わせる事にしましょうか。

var obj=obj:{XXX:{YYY:ZZZ}};
(obj.XXX);
:objectobject
(obj.XXX.YYY)
:ZZZ
左側を呼び出すことで右側を出力しますが、逆は出来ません。
それと、文字の上では連番に見えてもデータ的には連番ではないので取り扱いに注意!
数字にすると連番になりますが、呼び出しに[カッコ]で括る必要があるし、そもそもクォーテーションは使えないんですよね。
なんで、obj[XXX].YYYのような使い方はアリですよん。
(変数処理の観点も考えてクォーテーションで変数を付けるのはやめましょう。日本語でもできなくはないですが)

連番変数は左と右で1セット。複数指定出来るのはあくまで全体数であって、一つに対して複数の名前や意味を持たせる事はできないです。
よく間違えるので、この辺りも要注意。
JavaScriptのConst化については、IE9では動作を確認してません。
そもそも、ウェブサイトがIEに対して非対応なので確認のしようがないわけですが。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。