【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー?口コミ】BEVENTLAED他【志摩嶋エイジ】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー?口コミ】BEVENTLAED他【志摩嶋エイジ】

MOTHERライブおつかれさまでした!
スタッフロール風のラストに自分のアカウントが堂々晒されて嬉しいやら恥ずかしいやらで興奮してます、えーちゃんでございます。
折角なので、このまま調子に乗っていきたいなぁ、と思います。

サークル:ちびたみどっとねっと・わーくすさんより「BEVENTLAED」です


他にもご紹介したい作品はありますが、今回はビベントラードを主にご紹介していこうかと思います。

さて、この作品ですが本家で制作者のyu-kiさんも言われていますが、元々はサークル:迷走ポタージュさんとして出されていました、ワイン味という作品より出展ですね。
ちょっと読みは難しいですが「ビベントラード」です。
リスペクト元は「Bejeweled(ビジュエルド)」というパズルゲームですね。

What BEVENTLAED?


ビジュエルドにしてもビベントラードにしても遊んだ事のない形式のゲームでちょっと分かりにくいのでは?と思った次第なので、軽く解説を含めましてご紹介します。

GAME LIFEに本家ビジュエルドのPV(YouTube)が貼られているので、そちらからもご覧いただけます(当ブログでもリンクさせていただいています)
より玄人向きの観点はGAME LIFEさんの方で詳しく。
私からはビベントラードについて触れていく事とします。





まぁ、ちょっと演出は派手ですが、隣合ったブロックを入れ替えて同じ色・柄が三つ並べば消せます。
で、どんどん上から降って来ます(運が良かったら降りてきた瞬間に揃って連鎖が繋がる事も)
基本的にブロックを消して行くことで、ゲームオーバー(タイムオーバー)から少しでも時間を延ばしてよりスコアを稼いでいくのが目的です。
そうですね、Zoo Keeperとかご存じの方は馴染み易いんでないでしょうか。
要領はその通りです。Zoo Keeper強い人はこの手のゲームも強いだろうと思います。

ビベントラードの遊び方:操作方法など


消したいブロックの並びに沿ってマウスドラッグで選択します。
本家やZoo Keeper、ぷよぷよ等と違って、一度に消せるのは3つまで、自動的に消えたりしません(ここ重要)
→連鎖は素早いタイミングで消していけたもの、という事になります。

ビジュエルドビベントラードの違い


結構多いですよ。

  1. 本家は四方の並びで判定(ぷよぷよとかテトリスとか)するが、ヘックス式(隣合うのが6マス)なので連鎖しやすい

  2. 本家のようなトンデモアイテムは存在しない(いきなりドカッと消えない)

  3. その代わり、おじゃまベントラーとボムがある

  4. おじゃまベントラーは隣でベントラーが消えたりすると一緒に消える

  5. おじゃまベントラーは時間が経てば経つほど増えてくる

  6. それに対応してベントラーの消し方に様々な効果がある

    1. 赤ベントラー:残時間が増える

    2. 青ベントラー:その時の連鎖消しのスコアアップ

    3. 緑ベントラー:ボムが増える

    4. 三色:おじゃまベントラーが出現する割合が減る


  7. とはいえ、おじゃまベントラーは増え続けるので、ボムでさっさと消してしまった方が良いケースもある。

  8. 連鎖中にもボムを打つ事が出来る。これにより、更に連鎖につなげる事も可能


なにが言いたいかというと、結構テクいゲームです。
本家ビジュエルドとも、Zoo Keeper系列とも、ましてやぷよぷよとも全然違った印象を受けます。

プレイ時のコツ


慣れないうちは3色揃った場所を探しますが、このゲームは赤・青・緑の組み合わせを探す方が難しいです。
しかし、それを見極められる目があると大幅なロス軽減に繋がります。これは時間がない時(アラートが鳴った時)に顕著に出てきますので、幾分かは努力して探すクセをつけましょう。
また、残り時間が増えるのは赤三色のみなので、消し方にも注意です。

ハイスコアプレイヤー向け


赤三色より青三色、連鎖消しする時も5連鎖ぐらいしないと、折角の青ベントラーもあまり意味がないかも知れません。
青3・青3・青3以下続くと消せると結構美味しいかも。狙ってみるのも良いでしょう。
あと、案外ボムの存在忘れます。どうせ緑はすぐに溜まるので、純粋なパズルプレイヤーはさっさと打っても良いかも知れません。
更にスコアプレイを目指す場合、ベントラーが消えた時の位置変更について確認しなければならないので、0.3秒(個人差アリ)は計算時間に突っ込んだ方が計算が狂いにくいので安定します。

その他


ぬえびふらいとか、まだ色々と紹介させていただいてないのはありますが、まぁ正直な話、ぬえびふらいについてはどんな書き方していいのか、未だに分かってないっていうw
端的に書くと「自分が食べられないように自機を操作してぬえの口の中にエビフライ突っ込むゲーム」
うぅむ……説明になってないよね?

今回のご紹介元・引用元


ちびたみどっとねっと・わーくすさん
ちびたみどっとねっと・わーくすさん

GAME LIFEさん

志摩嶋エイジでした!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。