【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー】東方人形劇Ver1.82【志摩嶋エイジ】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】東方人形劇Ver1.82【志摩嶋エイジ】

東方人形劇をプレイするのは実は三回目(キリッ と古参アッピル!
え、です。調子乗りました。

まず、注意書きですが、東方人形劇については、まとめWikiを参照のことです。
ゲームについて、製作者さんに問い合わせる事のないようお願いします。

しかして、大真面目にVer1.0以降を迎えてからもバージョンアップを続けており、今でなおバージョンが上がり続けている期待出来る作品です。
以前、というかVer1.52辺りの時に人が爆発的に流入してきたので今更レビューも減ったくれもないような気もしてます。

でも、俺やるよ?
久しぶりにレビューだからね。
(今までは操作方法が~、とかって記事が多かったので)


その前に、ポケモンFR Ver1.0は持ってますかね?
これがないと話にならないので、持ってない人は実機を探す作業に戻るんだ!

ここからはゲームが遊べる事を前提に進めます。


まずはオーキド博士からもらえるポケモン(ゲームの表現を借りるならカケラ)が違いますね。
アリスが初期から手に入って俺歓喜wwww

と、挑んで行ったのはいい思い出です。
対抗属性を取るのがライバルのやり方なのは相変わらず。メリー(蓮子)きたないさすがメリー(蓮子)
後出しジャンケンとかないわ~。


パッパラパッパ~♪
パッパラパラララ♪
パッパラララッパ♪
パッパラパラララ♪

(※)

さすがやね。
でも、このきずぐすりは僕のポケモン専用なんだ。

って言って、傷薬を与えるとほぼ優位に立てるのも定番ですね。


しかし、困った。
私のプレイスタイルは四天王で荒稼ぎするというものですが、そこまで行き着くのに難易度が劇的に上がっていて難しい!
やっぱり同じ事を考える人は居たもので、Ver1.3時代にレミフラで無双ゲー出来たことも過去の栄光になり、Ver1.5時代にレミフラが姿を消してアリス集中強化で四天王を圧倒していたのが、今回の1.8に入ってからそんな甘い話は消えてなくなってしまいました。
更に、属性が本家東方に準拠しているので、今までポケモン慣れしている手前、属性を理解するのにまた時間が掛かる。
ちょっと攻略系やデータベースとか見れば名前とアイコンが変わったぐらいで、言うほど大きな変化が出来たわけじゃないんですが、属性が正しく理解出来ないうちはてこずります。
覚えてしまえばそうでもないんですが、直感的に分かりやすい属性ではないので、それが余計に難易度に拍車を掛けています。

よって、全体的に難易度が上がっているので、慣れているからと言って楽観は出来ないでしょう。
とは言え、Hardパッチで慣れた人にとっては物足りないかもしれません。そこは適宜ipsを充てて対応しましょう。

最終的に、こんなパーティーになりました。
四天王&チャンピオン攻略時
・アリス
・さとり
・メディスン
・パチュリー
・魔理沙
・聖

現在
・アリス
・メディスン
・パチュリー
・魔理沙
・聖
・フラン

第一周回なので心得は与えていません。

当時Lv50前半で四天王に挑んだため、攻略にどくどく+見切り+守りで凌ぐといった卑怯な戦術で辛勝した事で少しパーティー編成を見直しました。
とはいえ、どっからどう見ても魔法使い萃めました、ってパーティーになってしまいました。
どうしてこなたっ!


まぁ、アリメディは鉄板だったわけですよ。本来はドールスでも並べて、

・アリス
・上海
・蓬莱
・メディスン
・雛
+探索要員・脱出要員

にでもしてやろうと思ったんですよ。
しかしですね、あまりにも実践的でなかった上、普通に攻略に掛かろうとしても彼らには荷が重過ぎたんで諦めました。
いつか、このパーティーで四天王を倒したいですね。
(とは言え、エース級のアリス・メディスン以外使わなさそうで意味がないような)

しかして、こういうのは楽しめれば勝ち!
心得による進化で嫁のカスタマイズ要素が更に強まったので、遊び方が広がったと考えるべきでしょう。
とは言え、更新量が多いのでシステムを理解するのに少し時間を要する事になるかと思いますが。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。