【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー】壁際にょにょ【志摩嶋エイジ】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】壁際にょにょ【志摩嶋エイジ】

今宵、お届けしますは、サークル:壁際ヒッキーさんより、「壁際にょにょ」です。

このゲームは絶対に会場で買おう!と決めておりまして、書店委託されているのを知っていましたが敢えて手に取らなかった作品です。
私情乙ですね、わかりますん。

そもそも、原作の「ままにょにょ」をご存じの方がどれほどいらっしゃるか、というのが気になる作品です。
これは壁際にょにょに限らず、にょにょシステムそのものがちょっとSLGとしては特殊(慣れればそうでもないんですが)なので、説明が難しいんですよね。
具体的にどれが該当するのか、という説明が本当にしづらい!
敵をボコボコにしながら自分もボコボコになり、無尽蔵にやってくる敵に無限の残機を使って挑み続けて徐々に奥の階層へ潜っていく、なんて言ってもまぁ、分かりませんわな。
私がにょにょシステムを知らなかったとして、この説明で分かるか?と言われて自信がなくてですねw

正直なところ、本家さんに大体書いてあるのですが、遊び方についてもうちょっと細かく説明します。
何れにせよ、動きがあって面白いゲームなので、やり方の紹介は動画をごらんになってからの方が分かりやすいかもしれませんね。

1.
まずはメンバーの選定をします。
敵が徒党を組んでやってくる上、こちらはどう頑張っても無傷というワケには行かないので、なるたけ倒れるまでに多くの敵を倒せるように運用したい。
このゲームは「攻撃こそ最大の防御」です。
但し、フィールドに出せるユニットはコスト以下のキャラクター(累計)まで。

2.
このゲームに事実上の勝利条件はありません。奥深くへと潜り続けるのが目的です。
潜るタイミングは自分のターンがやってきたら一歩だけ進めます。
一歩進むと敵のレベルが上がり、より難しくなります。
敵が一人でも拠点に到達する(一番左のマスより左に行く)とゲームオーバーになります。

3.
ターン移行時、フィールドに出ているユニットに瘴気が容赦なく襲い掛かります。
HPが0になる事で拠点に強制送還され、一定ターンまで出撃できなくなります。
これは拠点に撤退した時も同じです。なるべくダメージを受けないようにしましょう。

4.
ある程度敵が捌けたらどんどん潜っていきましょう。
その階層で留まってレベル上げに徹するのも良いですが、奥へ奥へと潜って行くと仲間が増えます。
増えた仲間は即戦力として活躍してくれることでしょう。
最初は人数が少ないので、非常に厳しい戦いを強いられますが、仲間が充実すると安定します。

5.
レベルアップ画面です。
敵を倒すと経験値がストックされます。つまり、自動的にレベルが上がったりしないので、エースを作るも、平均的に育てるもアリです。
慣れれば、この階層であれば攻撃力・HPがどれだけあれば耐えられる、とかまで計算できるようになります。
計算式も実に単純。しかし、それ故に難しいといえます。
また、レベルが上がるとより大きなコストを要求されるので、無双ゲーをしようと思ったらコストオーバー……なんて事も!

6.
仲間が増えました!
加入時はみんなLv1です。しかし、加入したメンバーは経験値を割り振ってやれば即主力として役に立つ事でしょう。
回している経験値に余裕がなければ、一時的に盾とするのも戦術。

7.
足の遅いユニットを活用しましょう!
やむにやまれぬ事情(?)で射程が短い・そもそも移動が遅いなどキャラクターによって様々です。
プレイヤーは個性の濃いキャラクターたちの特性を十分に把握する必要があります。
上を見れば結構難しいですが、大体はレベルを上げてしまえば何とでもなります。

8.
クリティカル・再行動・吹き飛ばし・範囲攻撃について
プレイヤー側に許された特権ですね。
通常攻撃時に運が良ければ、これらの特典がつく事があります。
思わぬ形で発動して運を拾うのか、「さっきやれ!」と言いたくなるタイミングで発動するかは日頃の行い次第でしょう。

9.
ダンジョンを進めて行くとアイテムを拾う事があります。
アイテムは探索を有利に進めてくれる強力なものばかり。是非とも積極的に回収していきましょう。
運が良ければ、レベルを上げるのに相当するぐらい効果的なものも。


よしっ!求項目!
ちょっと解説が長くなりすぎたので、一通り楽しまれてから、更に楽しくなる方法をご紹介します。
と、言っても既に本家でも告知されていますが。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。