【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー】東方二次創作ゲーム:D.C.S.さん【サークル】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】東方二次創作ゲーム:D.C.S.さん【サークル】

どうも、えです。ほら、え~ちゃんですよ!
志摩嶋エイジの中の人っ!
なんでしたら、どこにでもいるアレでも良いです、全部同一人物です。

さて、昨日分の記事からまだまだ続きますよ!
今回は、D.C.S.さんです。
昨日ご紹介しました、大往生さんとは姉妹サークルに当たります。
「とぅふぁいと!」に対して「らきふぁい!」が出てるので、そこでお察しを。

大往生さんが格ゲーサークルなら、D.C.S.さんは「何でも屋」のポジションに立たされている、というのが実際にお話を伺って感じた感想です。
何でもやるから雑だ、というのではなく、多方面に手を出しつつも方向性をキッチリ定められているのが個人的に好感を持ってます。

代表作は文シュー・いーあるめーりんシリーズです。

前者は一般に言われるスクロールSTGとは一味違ったオールレンジタイプの、ちょっと忙しいシューティングゲームです。
自機の向きが変わるのでなく、スクロールする画面の方向が変わるので、普通のイメージとはちょっと違います。
見れば納得するかな、と思うのですが、ターゲットポイントを狙ってスクロールし、敵や敵弾に当たらないように狭い画面を行き来するゲームとでも言いましょうか。
文シューは文花帖、文シュー2はダブルスポイラーと言っても差し支えはなく、しかし本家東方とは違うアプローチなので同じシューティングだと思ったら被弾しますよw
初代の方が難しいのも本家東方文花帖に倣った(恐らくたまたま出来ただけかと思いますが)ものだと解釈してます。

後者のいーあるめーりんは、横スクロールタイプの弾幕格ゲーです。
「ソニックブラストマン」とか「エイリアンVSプレデター」とかああいうタイプ。
ちょっと違うのは、戦いの中で美鈴はレベルを上げて攻撃技が多彩になるという事です。
通常のパンチ・キックから三連コンボ、ジャンプ技まで打ち出すようになり、美鈴の強さが飛躍的に上がるのを楽しむ事が出来ます。
ステージボスまでに美鈴のレベルを上げて技を増やし、攻撃力を上げ、体力を増やし、サクサクと攻略していくのがこのゲームの遊び方です。
ボス戦は東方らしさを尊重し、無数の弾幕を放ってきます。
本家をやり慣れた方には余裕でしかないでしょうが、実はジャンプが出来ないという罠があるので、うっかりジャンプコンボに慣れた頃合にボス戦を迎えるとクセでジャンプしようとして体力をゴッソリ持って行かれるなんて事も。
また、弾幕もボスそれぞれの「らしさ」が現れていて、思わずニヤリとしてしまいます。

更に、やり込み要素っぽくタイムアタックが出来ます。普通のプレイに飽きたら是非とも狙ってみましょう。
難易度もそれぞれ用意されているので、格ゲーが苦手な人でも遊べるようになってます。勿論、格ゲーが得意な人でも油断のならない歯ごたえのある敵に化けるので、どちらの方でも楽しめる!

D,C,S,さんとは少々お付き合いがありまして、今まで手がけてこられた作品の裏話とかを教えてもらったりするんですよね。
その中でちょっとした攻略のアドバイスとかネタ話を聞かせていただいたわけですが、いやコレはさすがに面白すぎるでしょう?
と、リアルに言わされましたw

そして何よりも、一度も行った事がなかったり、中の人を知らない人には是非とも、彼らの販売スタイルをご覧いただきたいです。
今自分が立っている場所が戦場であることを忘れてしまう、ステキな和みを提供してくれるブースの魅力に貴方は気付くでしょう。

代表さんも売り子さんもちょっとゴツい感じですが、実は話してみるとすごくひょうきんな方で、不思議な話術を持っていらっしゃいます。
大真面目にアレですよ、ちょっとした居酒屋です。のんべぇ会の談笑が聞こえてきそうな。
かなり呑むタイプですので、お酒の話になるのは必然ながら、ブースの雰囲気まで変えてしまうのはお見事!と言わざるを得ないです。
呑みたい人も、ゲームやりたい人も、戦争に疲れた方も、戦場のオアシス、D.C.S.さんを訪れてみるのも良いかもしれません。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。