【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【講義】ポッキーとか言わないよっ!

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【講義】ポッキーとか言わないよっ!

今日が折角ポッキーの日と言う事なので、ノリに合わせて見ることにしました。
そちらの方はまた追ってお知らせする事になるかと思います。
ポッキーの日タイムラインはこちら。閲覧制限付き)


こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「11月11日にちなんだあの食べ物、食べた?」です。今日は11月11日。ポッキーやプリッツの日だそうです。日本以外の国でも、大体同じようなお菓子を売ってるみたいですが日本でも定番中の定番のお菓子今日はいろんな所で「ポッキー買ってきた」「コンビニ行ったのに忘れた」というような話をききました。ほうじょうも、お昼に買おうと思っ...
FC2 トラックバックテーマ:「11月11日にちなんだあの食べ物、食べた?」




何と言うか、ひyでゴメン。




さて、身内向け講座の二日目です。
今回は文字型について説明します。身内がやってくれって言ったからやった。反省はしていない。
間違ってても泣かない。自分で調べるか私に連絡してください。そういうスタンスでやります。

さて、本題に入りましょうか。
そもそも、標準関数とは何か、というところから説明しましょう。

普段何気なく使っている
include
って言うのがありますよね?
何故こんな宣言をして使っているのか、ご存知ですか?

えぇそうです。ご存知の上で今回の解説は進みます。
何気なく使ってるprintfとかscanfとかも、一種の標準関数なんですね。
ifやforなどもそうです。「なくても使えます」が、そういうものであるという認識で良いんです。
きちんとしたことは調べればすぐ出てきますので、そちらをご覧下さい。

さて、文字型関数については、stdio.hでは対応していません。
文字型関数を用意しているのはstr.hなので、strcpyとかstrlenとかを使う場合はきちんと宣言してやらないといけません。
これを「クラス」と呼びます。
そう言うものなんだ、という認識程度で良いので、覚えておくと違う言語を使う場合(Visual Basic)とかで重宝します。
使い方そのものについては各自調べてください。
標準関数でどんな命令語がサポートされているのか、というのは標準関数で使える命令文を調べると出てくるでしょう。
但し、こちらは明確な命令言語を検索用語にしてやらないと、関係のない情報も多く出てきます。
手始めに、こちら辺りから、命令言語自体を検索ワードにして調べてみるのも良いでしょう。

さて、今回は前回以上に調べろ調べろと丸投げの内容にしました。
身内用にと、昨日今日の記事を仕上げてはいますが、プログラミング講座みたいなブログは目指していないので、そういうのはまた別を求められる事を推奨します。
私から教わりたい! って人は身内ぐらいしかいないでしょう。
(奇特な方の為なら、ちゃんとした講座をやります)

あと、プリプロセッサとかマクロとか、その辺りは解説をする内容と必要性が見当たらないので、これこそ丸投げします。
標準関数はそれっぽいのを検索ワードにチョイス、お忘れなく。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。