【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【プログラム】アルゴリズム:自分用メモ

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プログラム】アルゴリズム:自分用メモ

最近更新が鈍っていることを反省する次第です、え~ちゃんです。
ネタを仕込む程度になんかやろうかな、とは思うのですが、思う事とやる事は別ですね(キリッ

Q.こんな状態で大丈夫か?
A.一番良い環境を頼む。

マジで切望してます/(^o^)\


こんなになるまで何をやってたか、という話でも暴露しちゃおうかしらん。
但し、専門的な話になる上、ネタ性に欠くので追記に回します。
意味の分からない記号の羅列はこのブログっぽくないですし。

追記




まぁ、これぐらいなら調べれば出てくるレベルの話なのでいいかな。

1.入力について
低水準・高水準入力

2.文字列判定
メモリ処理で格納

3.ファイル操作
入出力関数とログ

4.SQL
DB接続と設定

5.多言語の連携
他プログラムの呼び出し


scanf/gets
("")
fgets/fseek
select~select/()join
Object/Class

1.入出力の異常入力の検出とフィルタリング
異常検出するか、そもそも異常入力そのものをさせないか。
2.内部処理・print探知
デバッグの基本。
3.サブルーチン
コーディングは一つのルーチンに10行まで
4.コメント
処理の流れに一つずつ記述するのが望ましい。
二文以上のコメントは別ルーチン化する
5.スパゲッティ
ちゃんとコメントすればスパゲッティにはならない。


豆知識にでもしようかと思ったんですが、これでは実例がなくて分かりにくいので、もしも以降使う事があればまた検討します。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。