【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【考察】真面目に東方で三国志を考えてみる

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【考察】真面目に東方で三国志を考えてみる

三国志やってると、どうしても紅天航路のイメージggggg! どうもえ~ちゃんです。
主人公サイド的に霊夢を劉備サイドに持ってきたのは演技の影響まんまですね。
正史を基準にすると、三国無双やらで騒がれている分とパラメーターがどえらい変動しそうです。
それでも、魔理沙=劉備サイド、霊夢=曹操サイドのイメージが合ってる気はします。

ところで、桃園の誓いは正史ではありません。
演技的に劉備関羽張飛の三人がいないと主人公サイドは話を動かす事すら出来ませんが、これを取っ払うだけで一人で陣営を回す事が出来るのですよ。嗚呼便利!
ただ、戦闘描写をどうするか。弾幕ごっこを基軸にするなら、霊夢=人材マニア的曹操ポジ(但し、人材は向こうから歩いてやってくる)にしないと整合性が取れないし、そうなると呂布ポジには結構強いのを置いておかなければならない。
私が愛読しています「北方謙三」氏の三国志呂布=英雄と描かれているので、そういう演出もアリなら魅魔が適役かなぁ、とか。
董卓=旧作幽香というのがしっくり来すぎて、話を絡め易いから魅魔ってだけの短絡思想ですが。
ただ、元ネタ的には魅魔=公孫讃ポジに持って行きたいなぁ。袁紹に敗北後、超雲として扱って劉備勢(魔理沙)に加わる流れとか。
そうなると呂布は幻月・夢月のどっちかになりますでしょうか。ヤバイ勝てる気がしない。

・霊夢=息をするように人材と領地が手に入る、仁政というより単純に回りの妖怪が萃まって出来た大軍勢
(青州黄巾党・旧袁紹軍・荊州吸収など、曹操軍が膨れ上がった理由は戦を避けた部分が大きい)
・魔理沙=霊夢のライバルポジと、霊夢とは違う意味で「人徳」情的な正義を貫くには最適なイメージ。
ただ、魔理沙自身が成長するのを描くだけでも面白そう
・文=天狗の規律的に山から出たがらないのは孫権が手堅く守った事から起因。しかし、本人はアグレッシブなので、孫策のように領地拡大とか考えてそう。
本来は天魔を据えたいが、キャラ的によく分からないので代行で文に。
・神綺=旧作では最大の家族を構成する。家族と言うよりは眷属か?
袁紹も最初は数で曹操を圧倒したものの、結局のところ質に悩まされ崩壊するのは、どことなく魔界のボス面々に似ている。

この辺を据えると、三国時代に入る辺りが人材豊富になってより激戦っぽい感じになるからやりやすいんですよね。
東方らしくはなくなりますが、まぁ応相談でw


あと、長らくTwitter充出来ませんでしたが、明日携帯が復活します。因みに、紅楼夢辺りで絶えてしまう事になるかと。
でも、これ上げてる時点で日が過ぎてるんでないかと思ったりします。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。