【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【自己紹介】我輩は邪鬼羅である

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自己紹介】我輩は邪鬼羅である

こんにちは、「霊夢愛」に生きる邪鬼羅ですw
え~ちゃんねっとわ~くのサークルメンバーの一人です。主に塗り担当ですね。
活動というか趣味でしていることはイラスト描きとMUGENですね。pixivで細々と活動してます。
今回、え~ちゃんからブログを借りて記事を書かせてもらうことにしました。
内容はズバリ「嫁への熱い思いをぶちまけ隊」ですw

自分の嫁は当然「博麗霊夢」です。
ただ嫁への愛を語るのも良いけど、折角なので嫁との馴れ初めを書くとします。

まず東方projectに興味を示したことから全ては始まりました。

といっても始めは周りが東方projectにハマリだしたから、混ざって初めたに過ぎなかったけど。
符遊置楽宴(東方カードゲーム)にて、キャラが分からんから能力で決めたのが霧雨魔理沙だったんですよね。
「マスパたのし~♪」とまぁ、性能だけで魔理沙はお気に入りだったわけです。

しかし当時からその容姿で霊夢のことが気になっていたんです。
霊夢がマスパ撃てたら良いのに」と、今思えばありえない妄想を考えたものですねw
当時作品自体も良く知らなかったけど、イラストを描くときでも魔理沙ではなく霊夢を描いていました。

そんな中、自分が出会ったのはフリーの格闘ゲーム「MUGEN」です。

最初はこちらも周りで流行りだしたのが切欠で、気まぐれに個人的に調べだしたらツボにはまり、今では活動の中心となってます。
そんな中で見つけたのは「鬼巫女」ですね。

最初は「鬼畜」「狂気」「鬼神の如き強さ」「なんだかんだと可愛い」という、自分的にサイコーのキーワードが
重なってたからですね。
そこから原作の霊夢を調べだして、霊夢に更にはまりましたね。
実際の霊夢は鬼巫女とは結構違いがありますけど、
「どこか腹黒い」「相当な実力者」「貧乏=腹ペコ属性」「やっぱり可愛い」と、こちらはまた別の意味でサイコーで、
鬼巫女ことは別のキャラ的に惚れましたw

そこから東方projectにハマりまして、とことん霊夢に対して突っ走るようになりました。
流石に主人公だけあって、作品が多い多いwもともと人気どころが好きな身としては最高にハイってやつですねw
やっぱり可愛いは正義ですw
人気投票では、ほとんど常に首位であるのも嬉しい限りですねぇ。

しかし、人気ゆえの性か、あまりにも同人作品が多すぎるせいで、「これっ!」とういうものを吟味して、ピンポイントに
探したがる身としては、まるで吟味のしようがなくて、同人誌はほとんど買えないのだけが悩みですね。
えっ?贅沢すぎる悩みだって?またまた何のことやらw

しかしながら、一時期「フランドールスカーレット」に浮気しかけたことがありました。
なにせ公式で「狂気」が強調されており、テーマ曲の「U.N.オーエンは彼女なのか?」が東方曲ではじめて聞いた曲であり、
いまだにマイベストの音楽だからです。
それなりに吟味できる分、もってる同人誌の数も霊夢より多いですし、描いてるイラストの数も多いです。

でもそれでも、霊夢が嫁であることは変わりません。
東方projectという、すばらしい作品の栄えある主人公であり、この作品に興味を持つ切欠となった彼女は
これから先もずっと「俺の嫁」宣言の対象であり続けると思います。

では最後に一言

霊夢は不動の俺の嫁です!!!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。