【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【告知】東方香霖堂発売日!

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知】東方香霖堂発売日!

東方香霖堂を買うために、仕事を定時で切り上げてきたぞぉっ!
まぁ、書いてるのはそこからの帰りで諏訪! え~ちゃんですよ~。
第一回の発売が2008年の春と言われていたのはもう昔の話のように思えますよ。
攻略するのを見守る天狗河童の会に所属している私としましては、「あぁ、やっと決着が付くのか」とちょっと物悲しくも感じてしまいますね。
公式で出るからそれが模範解答だ、とは思いませんが、ある意味の指標にはなりますし。

因みに、公式発表は明日だったかな?
もう手元には愛しの霖之助さんがいるので(´・ω・`)

しかしながら、前情報というか住人の天狗河童が言ってた通りだなぁ、と。
なんでこんな細かいところまで見てるんだよおまいらwwwと脱帽せざるをえない。
霖之助のぶっとんだキバヤシ理論をいつでも見れるなんて幸せの絶頂ですよ、えぇっ!
ところで、これでネタバレとかってないよね? 特に書き降ろしもなければ、昔の作品を編纂したぐらいなので、レアモノ扱いされていた東方香霖堂の作品を一冊で読めるので非常に便利になる、というぐらいで。

確か、時系列的には時期的には妖々夢~萃夢想までの間なんですよね。
今の新キャラ続々出ている中での霖之助の立ち位置がどうなるのか非常に気になるところです。
天狗的には容赦ない少女たちの攻略が始まっているわけですが、一般で絡みというか、認知があるのってなかなかないのではなかろうか、と。
魔理霖・霊霖・文霖・ゆか霖・妖霖は公式ですが、ここに慧霖・にと霖・早霖が有力株でしょうか。
無論、幻視力があれば全少女達による霖之助の取り合いという流れになるのも、原作の森近霖之助を見ればよく分かります。
因みに、東方儚月抄の流れもここから来ているようです。(紅魔館のロケット)
月侵攻の話は早い段階から画策されていたわけですね。

しかして、やたらと旧三部作の話が盛り上がっているのも事実。
非想天則発売時点では、守矢神社がまた何かやるのではないか、と期待していたのが、ダブルスポイラーや妖精大戦争でちょっとスカされてしまった感もありますし。
花映塚登場時点では文は神主の嫁、と騒がれていたのも今は嘘のようです。


個人的には、風神録(というか守矢神社)関連で霖之助が絡めば話が広がりすぎるような気がしてならないというw
東方で数少ない男性キャラ(妖忌とか雲山ははまぁ、その^^;) なので、色々絡みが作り易いと思うんだ。思うんだ!

しかしながら、高積みされているはずであろう本の山の一角だけ掘削されたように低い山を見た時はさすがに戦慄しましたよ。
今日時点ではまだ何とも言いがたいですが、これはひょっとしたらひょっとするかも知れません。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。