【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー】東方轟流殿(レザマリE-MISSION)

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】東方轟流殿(レザマリE-MISSION)

続きますは、え~ちゃんによる独壇場リサイタルレビューライブ(?)でございます。
積みゲーは消化するもの、と言われたものの、一回やってハードディスクから消されるゲームって何なんだろう、と考えさせられます。
制作者に失礼だと思うが故に、今までプレイしてきたゲームはフリー・有料問わず全てアンインストールせずに溜め込んできましたが、そろそろ総計70Gを超えそうです。
これ、全部東方なんだぜ……?


さて、前口上も本当にいい加減にします。
というか、これだけ連投している間は前口上要らなくね?と真剣に考えてしまいますわ。
ネタが尽きそうだとかではありませんよ、決して。


今回ご紹介しますは、非常に珍しいんですがサークル:迷走ポタージュさんより「東方轟流殿」です。
とはいえ、東方轟流殿自体がアンソロジーフラッシュディスクのようなものでありまして、サークルリスペクトは迷走ポタージュさん以外にもありますが、そちらは末文に合わせて再度ご紹介します。

さて、大々的に物を言ったのは良いのですが、あくまで「東方二次創作ゲームレビュー」という部分を主軸にしますので、該当する「レザマリE-MISSION」のみとなります。
制作されましたのは、勝手ながらフォローさせていただいております、yu-kiさんです。個人サークル:ちびたみどっとねっと・わーくすさんはこちらよりどうぞ。

レザマリE-MISSION」
さすがの迷走ポタージュさんというか、フラッシュも棄てたものではないなぁ、と思わせてくれる仕上がりでした。
迫り来る浮遊霊を原作・東方花映塚の要領で黙らせてレーザーで焼き払うのが目的です。
一定数を倒すと、ステージボスが出てきて幽霊と共に倒さねばならないという、なかなかキツイ戦闘に。
まぁ、原作ではザコ呼ぶボスって美鈴とか勇儀ぐらいだったし、慣れないのも仕方ないかも。

まず、原作と違いオールレンジ=上スクロールとか横スクロールとかいう次元ではなく、あっちに行ったりこっちに行ったり。フィールドが無限大に広がります。
スターフォックス64やってた方だと、一部のボス戦のイメージそのままですね。スターウルフとやりあう時は必ずオールレンジマップでした。
(惑星フィチナ・衛星・惑星ベノム裏)
ただ、3Dじゃなくて平面上になるので高さの概念はありません。

その上で、減ったり増えたりする幽霊を迎撃するんですが、

・攻撃する時、真っ直ぐにしか出来ない(まぁ、レザマリだし)
・霊力ゲージが足りないと攻撃がままならない=連発ショットが出来ない(時間が経つ・Eアイテムを拾うなど)
・向きの概念がある=方向を定める必要がある(止まって転換したり後ろを向いて動くなんて器用な事は出来ません)
・スペルカードがボムではなく、攻撃拡張になっている=ストリームレーザー→ノンディレクショナルレーザー(ある程度狙う事は出来ますが、ミスすると致命的)

こんだけ違ったらもう原作とは別のシューティングゲームだと思うんですよね。

しかして、やり応えは十分ありました。
方向転換は弧を描く起動で無理矢理調整出来るとして、どうしてもダメならノンディレクショナルで一掃すれば良く、また霊力に物を言わせて擬似レーヴァテインが出来ますし。
何れにせよ、リソースを切るのでその後の再起が辛いのですが、そこはきちんと間合いを計れば何とでもなります。
(この辺りは、制作者さんの意図している通りですね)

しかし、ボスですね。
イージーの内ならまだ方向転換出来ますが、段々難易度が上がると弾幕密度の所為で展開もままならなくなります。
出来るか出来ないか、と言えば出来ましたが、大人しく幽霊倒してボム探しした方が良かったかなぁ、と終わってみて思ったのも事実です。
(ほとんどプレイミスによるコンティーニューです)

これは若干シナリオに被るんですが、実はこの幽霊、ある目的があって魔理沙に近づいている事が分かります。
が、その辺りは実際にプレイして確認していただければ、と思います。

何度も言いますが、操作性こそ違えど、システム回りは非常にシンプルなので、やり込みプレイに向いています。
これも慣れたら結構稼げるんじゃないかなぁ。


なお、東方轟流殿では、以下の方々が参加されて居ます。
み~やさん(miyasuke.net)(http://www.miyasuke.net/)
宇田てとらさん(TETLA POT)(http://tetrapot.net/)
カギさん(locker room production)(http://www.l-room.net/)
yu-kiさん(ちびたみどっとねっと・わーくす)(http://chibitami.net/works/)
kouksさん(Dividice)(http://xoukrof.at.infoseek.co.jp/)
nijiさん(にじおき)(http://nijioki.web.fc2.com/)
takenokoさん(Toxic Landfill)(http://fdempa.com/takenoko/)
yama_koさん(Mattari Factory)(http://www.yama-ko.net/)
春夏アキトさん(happy flame time)(http://happyft.sakura.ne.jp/)
春原ロビンソンさん(めでたしにかぎりなくちかいなにかつー)(http://mkn2.com/)

各作品のクレジットは、各サークルさんにお問い合わせ下さい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。