【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー】東方紅裁判

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】東方紅裁判

手抜きのつもりでレビューやってるわけじゃないんです。
単純に短編体験版レビューって結構悩むんです。え~ちゃんです。

今回分も少ないですが、大往生さんの時のように連作で出されているわけではないですが、非ネチョだからまだ書きやすいかな……?
FC2さん、マジすみません。

えとですね、サークル:東方裁判制作委員会さんより、「東方裁判」です。
裁判、というので脊髄反射的に買ってしまった作品でしたが、こちらもサークル:すいかやさんの「逆転東方」の時のように、あまり作品の中身に触れるような事はしません。
逆転東方ゲームエンジンを用いられて制作されていますが、こちらはFlashを用いて製作されているため、処理事態はかなり早いです。
それ故、ストレスを感じる事なく読み飛ばし出来るところは読み飛ばし出来ます。
その為、選択肢をミスした時は結構容赦ないです。バンバン有罪もらいます。
まぁ、そんなに難しい選択肢はなかったんですが、一応ネタ的に面白いんじゃね? ってやったら映姫っきマジsYレになんないわw
若干展開が早いかな~、と思ったところはありますが、まぁ展開というかゲームそのものが早いからそう感じるだけなのかも知れません。

切り口はもう伝説にもなっているあの話の流れを踏襲したところからですが、事件そのものは全くの別物です。
もう内容を諳んじてしまってさえいる話だったので、「あぁ、またか」と思ったのは確かですが、事件ファイルを見て「俺の知ってる逆転裁判じゃねぇ……」と思わせてくれるに相応しい証拠品がずらずらと並んでくれたおかげで、ゲーム導入部に入る頃にはモチベーションが非常に高い状態でプレイ出来ました。
これで本当に全部踏襲されていたらどうしよう、と思ったんですが、その辺りはしっかりと考えていただいているようでした。
また、事件自体はアレながらも、東方ならでは、と言った論証にはニヤリとせざるを得なかったですね。
但し、残念ながら委託はされておられない模様ですので、私がどれだけ声を大きくしても皆さんのお手元に届くかどうか……。

サークル:東方裁判制作委員会さんの次回作をお待ち下さい。熱烈に!

っていうか、そろそろ私の趣味というか趣向というか、その辺暴露しまくってるような、いや暴露してるけどもう特定されてもおかしくないんでないか、と思い初めてきました。
大丈夫かなぁ、主にリアルとか。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。