【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー】サークル:大往生さん作品セット

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】サークル:大往生さん作品セット

大量に買ったゲーム達も、ここから年齢制限入ってきます、え~ちゃんです。
決して後回しにしたんでなくて、掲載する都合というか、あんまり滅多な事をして怒られたくなかったので、ちょっと気を遣いまして。

なお、閲覧パスワードを設定しておりますので、大きくないお友達は開かないようにお願いします。
それと、事前にパス入れてる人にも閲覧注意を喚起するため、追記に全部回してあります。
ご了承下さい。


追記

つい先日(リアルタイムなら今日)に上げました、サークル:大往生さんの「東方覇王弐」を覚えておいででしょうか。
覚えておられなくても問題はありませんよ? 全く関係ない……と言えば、嘘になるかも知れませんが、あまり重要ではありませんので。
隣で大騒ぎしてしまいました上、レビューさせていただくのも非常に恐縮ではありますが。

一気に三本続けてご紹介します。
1.東方殺陣
実は、同名でネチョじゃないのを一本出されていたりしますが、今回はそちらではありません。
殺陣、と評されているだけあって、ワラワラやってくる敵(?)キャラを爆撃(弾幕でバンバン打ち落とす)するゲームです。
タックルによる攻撃判定があるので、本家東方とは違って自分から当たりにいく、という攻撃手段を用いる事が出来ます。というか、後半とかやらないとゲームクリアするの無理でした。

攻撃手段は体当たりと弾幕のみ、お助けキャラの魔理沙(画面の敵キャラを全て倒す。例外アリ)と文(攻撃力・移動速度が上がる)をフル活用&使うタイミングを見てステージ外に敵を漏らす事なく倒しきるのが目的です。
魔理沙にしろ文にしろ、どちらも強力なお助けキャラですが、ノーマルまでならともかく、マニアックは霊夢一人だと攻略が不可能なぐらい敵が堅い!多い!

こんなレビューなんか書いても誰もネチョゲーだと思うまい。私にはそう見えないw


2.東方QIK!!
タイトル通り、やっている事もルールなどなどもそのままQIKです。陣が広がれば広がるほど背景CGが見えてくる、という奴ですな。
過半数+α以上制圧すればその時点で勝利となり、敵が消滅します。
こちらも、ゲームレビューというかただの紹介になりますかねぇ。説明というか解説というか、この作品について何か触れようと思ったらもうQIKのルールの説明ぐらいしか思いつかないorz
まぁ、こんなゲームがありますよ、と。
なお、運営方針的に内容には触れられません。悪しからずご了承下さい。

でも、ボーナスの霊夢さん可愛いよ?


3.魔理沙ちゃん危機一発
この作品に限り、Windows(というかパソコン)に対応していません。
上記3作も元々PSP用なので、パソコンでのプレイは推奨しません。やりましたが。

内容も何も、本当にジャンケンゲームです。何のひねりもなく。実にネチョゲーの王道を行ってくれている感じなのが個人的にはウケました。
ただ、この作品に限り失敗すると「えっ?」とリアルにマヌケな声を出してしまうような演出が含まれています。
それが何なのかは実際に買っていただいてのお楽しみ、という事でお願いしますw



恐ろしく短いなぁ。
まぁ、ネチョゲーに多くを書くレビューも大体は本番とかが基本だから、そこを全撤廃するとこんなものになってしまうのはやむなし、という事でしょうか。
我ながら、無謀な事をやったと思っています。が、反省はしていない!

大往生さん、本当にごめんなさい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。