【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー】東方美襲劇

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】東方美襲劇

ゲームラッシュ!
休日こそ積みゲー消化に、え~ちゃんです!

本当は積みゲーって侮辱語だと思うんですよ。
とりあえず買ってみたは良いけど、あんまりやる気ない現れみたいじゃないですか。
やりたい!と思って買うゲームは積まないけど、とりあえずあるから買っとけみたいなゲームはやらない。
で、最悪結局は忘れられる。

イベントの時、手に取ったあの感動はどこに行ったんですか?
サークル主さんと談笑を交わしたあの時間は何だったんですか?

志摩嶋エイジは、ゲームを積んでもお蔵入りにはしませんよ。
そこに制作者さんの想いとメッセージがある限り、ちゃんとやります。やらせていただきます!
東方界隈に多いのですが、供給過多っていう発想は失礼だと思うんですよね。
確かに取捨選択の権利が出てくるほどに供給されているのが事実ではありますが、せめて取ったものの責任ぐらい取ろうと思う所存です。

さて、意思表明を明確にしましたのも、私なりに意味があります。
以前、サークル:悠遊亭さんの作品をご紹介させていただきました。
その時、新作であった東方・・・でもなく、その時購入させていただいた東方美襲撃でもなく、東方宝嬌旅だったのですから。
積んでいた事実は事情は結局、私のものでしかないので、この意思表明は出来なかった言い訳をするのではなく、遅くなってでも有言実行しようという意思の現れであります。


さて、前口上もこれぐらいにしましょうか。
今度こそ、サークル:悠遊亭さんより「東方美襲劇」です。
こちらの作品はスムーズでサクサク進む作品が多く、昔ながらのアクションゲームゴエモンとか)のイメージが強いです。
前回紹介させていただいた東方宝嬌旅が珍しい部類に入るんですが、一番最初に紹介しちゃったし、仕方ないでしょうか。
どういう挙動なのか、という部分については、悠遊亭さんのHPから「東方腐乱臭っぽいもの」をダウンロードして下されば分かるのではないかと。
また、こちらのサークルさんの処女作「東方平文録」もこれらのようなジャンルに該当します。

さて、今作はコマンド入力、という部分を主軸に置かれておりました。
ちょっとしたものであれば、東方腐乱臭っぽいものをご覧いただければ分かるかと思いますが、レミリアが貫通攻撃をしたり、美鈴が壁になったりと大活躍(?)なのですが、今度はもうちょっと難しいコマンドを入力して必殺技を発動する、という流れになります。
先ほど紹介しました、LION HEARTさんの「サナエチャレンジ」とはまた違った部類でのアクションコマンドになりますが、こちらは元々がスピーディーなので忙しいイメージは受けず、どちらかというとコマンドを随時叩き込むので指とパッドが心配になります。
この作品、というか悠遊亭さんの作品をお楽しみになる場合は、アーケードコントローラーの方が良いかもしれませんね。

と、いう事でアケコンを持って参りました。

が、

「無理!!」

ただの習熟度の問題ですが、これではアケコンのレビューになってしまいますので、パッドに戻しまして――。


とりあえず、ノーマルまではコマンド入力出来るとそう苦労する事なく遊べました。
アクションゲームが不慣れな方はイージー→ノーマルの順番に遊ばれると、ちょうど良い感じになるかと思います。
私も実際、イージー→ノーマル(コンティーニュー2回)→ハード(コンティーニュー6回)で攻略出来ました。
キモは宣伝されている通り「コマンド入力」でした。

通常スキル(簡単コマンド入力)と違って、スペル(複雑コマンド入力)は画面全体を攻撃出来ますので、イヤらしい場所に立つアイツ(キュウリ発射にとり)や、
♪そ~らをじゆうに~、とびま~わる~♪(ドラえもん節)アイツ(大妖精・ミスティア)を簡単に撃退出来ます。
というか、道中その二人の所為で大分苦戦します。大ちゃん一人が強すぎる所為でチルノが良い働きをしだします。
「あたいら大チル! MAX HEART!」とか聞こえてきそうです。(今のプリキュアは戦隊モノっぽくなっちゃいましたが)
ただ、チルノにしろ大妖精にしろ、体力はそんなに高くないので、真っ先に舞台から退場させてしまった方が攻撃手が減るので大分やりやすくなりますね。
指向性を持った敵の攻撃ほど面倒くさいのはありません。
ボス戦についてはハード以外はあまり気にする事もないかな、という程度の難易度です。攻撃が届かない位置や立ち周りで倒せます。
むしろ、道中の方が殺意高くないかw
ハードとか、すぐにSP切れを起こすので、行っては帰り、帰っては行って、を繰り返す局面があります。
上手い人ならサクサクっとやっちゃうんですが、なかなかどうして、私にはチマチマ敵の頭数を削る作業をしなければ攻略出来なかったというw
まぁ、裏を返せばちゃんと一つずつ丁寧に処理していくとちゃんと攻略出来るゲームなワケですし、どうしても、という方にもプレイ出来る作品ですよ。
画面抜けてある程度離れたらまた敵が! なんてなったら正直、命が幾つあっても足りますまい。

それと、サークル主さんのきなぎ悠さんのファンの方に多い傾向で、イラストが好きという方もいらっしゃいます。
ご縁をいただいたのはゲームからでしたが、初見はイラストクリックだった事をよく覚えています。
ゲームを作っているサークルさんで、ご自身で絵を描かれるサークル主さんって全体の比率で見たら少ないんですよね。
GATLING CATのとらさん、すいかやさんの榊水夏さん、東方幻桃郷の銀曜ハルさんをはじめ、個性的な魅力溢れるキャラクター達を描かれる方がいらっしゃるので、私もあやかりたいなぁ、と思う所存であります。
他にも有名どころ、実力派さんも多くいらっしゃいますので、ご紹介出来ます折にさせていただく所存です。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。