【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー】サナエチャレンジFUSION

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】サナエチャレンジFUSION

まだまだ続けていきますよ! え~ちゃんです。
本日分から続投なので前口上は抜きにしましょう。ネタがないとか言わないw

さて、今回分はサークル:LION HEARTさんより「サナエチャレンジFUSION」です。
前作「サナエチャレンジ」と大まかな部分は変わっていません。が、何これ別ゲー? というぐらいシステムに変化があります。

基本的にやる事は同じです。
周辺を巡ってケガレをハラい、邪魔なケガレはカミカゼでぶっ飛ばし、拠点をミソいで浄化して回るわけですが、新しい敵と新しいコマンドが用意されたので、そちらの紹介を主にしていこうと思います。
過去記事はこの辺りをご覧いただければと。
なお、全て作中のチュートリアルで説明されますが、大体忙しい事が多いので、ゆっくり読む暇がない方向けに改めて紹介します。


決定キー:アタックボタン
キャンセルボタン:ジャンプボタン

をお忘れなく。


1.跳躍術(ジャンプ回数の制限:3)
前作では無限ジャンプが出来て緊急回避とか出来ましたが、今作は出来ません。
その代わり、空中制止術(↓+ジャンプボタン同時押し)が出来るようになり、前作のイヤらしいちょっとした段差をクリアー出来るようになりました。

2.チレイ
ケガレはハラえば何とかなりますが、チレイはハラってもなかなか消えません(ハラい続ければ消えます)し、カミカゼやミソギによる消滅対象にもなりません。
フィールドにただフワフワ浮かぶだけで邪魔な障害物扱いなので、可能なら無視してしまいましょう。
発生条件さえ分かればある程度対処は出来るはず……?

3.オーダー(お空加入後)
お空にそれぞれ指示をする事が出来ます。
オーダーボタンを押し続け、方向キーでくるくる回して指示を選択します。

・破(赤)
一定時間チャージし、大弾を前方にぶっ放します。
攻撃力が高く、ボス戦に有効です。また、稼ぎプレイのお供に。
よく言われますが、カミカゼと同じくおシリがガラ空きの上、発射タイミングに遅延があるので緊急発射する場合、指示後にすぐカミカゼで自分の守りを作りましょう。

・防(青)
大円の範囲であらゆる弾幕や敵をはじき出し、消滅させます(例外アリ)
ゲームの特性上、ケガレやチレイに囲まれます。そういう時は防で乗りきりましょう。

・飛(緑)
お空の背に乗って~、敵に突っ込んで~、早苗の道を拓いて~、降り方忘れる~(カローラⅡ風)
世代が知れそうww
一時的に無敵状態になって突っ込む荒業です。この時、カミカゼとミソギが出来ないので、用が済んだらお空から降りないと拠点制圧出来ません。
また、突っ込む時はコマンドを忘れずに。普通に体当たりになりますよ。

・核(黄)
――――!CATION CATION!――――
!失敗するとゲームオーバーになります!
――――!CATION CATION!――――
お空に核のエネルギーを集約させ、一気に浄化して信仰率を得る方法です。
制限時間以内に、なかなかミソげないお空をミソギ切る必要があり、とても危険な技です。
どうしても信仰率が足りない時は苦肉の策として用いる事もありますが、あまり使いたくないコマンドです。
ケガレやチレイがワラワラ萃まっている時に防と間違えてコマンド打った日には……うわあぁぁっ

何らかの指示をした後、お空の指示が出来るまで長いタイムラグがあります。
お空のご利用は計画的に!


このゲームはお空の使い方に尽きます。
強力な力を持つ反面、使いたい時に使えない!なんてザラに発生します。
あと、焦って指示をミスったりする事も。最初の内は操作に慣れないと思いますが、これはもう仕方ないです。
↓+ジャンプ同時押しでその場で空中制止し、すぐにオーダーで正しい指示(大体「破」か「防」)を出して、すぐにカミカゼ防御か弾幕回避、なんて器用な操作を要求される事も。
出来る事が多い分、結構忙しいです。

そして、ボスケガレが中ボス扱いになりました。
それぞれ、各ステージに固定ボスが置かれ、弾幕アクションゲームらしくなりました。
大体のボスの攻撃はハラエば何とか抑止出来るものが多いので、まずはパターンを読みましょう。その隙にハラうか、ケガレをカミカゼでぶつけるか(ボスケガレと違って当たり判定が小さいので難しいですが)お空に頼むか。
こういう書き方をしていますが、実際は全部やる事になるでしょう。ハラって削るのはあくまで極小ですが、侮ってはいけません。

それだけありまして、かなりテクニカルゲームになりました。
アクションゲーマーさんには非常にやり応えのある仕様になり、ますますゲームらしい仕上がりになっています。
また、下枠の守矢ニ柱やお燐、ゲストとの掛け合いや文々。新聞の内容も充実し、どこに目をやればいいのか分からないのも相変わらずですw
本記事は、忙しすぎて重要会話ですら下に目をやれない人向けに書いています。
ステージ攻略後は、攻略スコアを無視して一回ぐらいは全部ゆっくりと見てみたいものです。
誰かプレイ動画上げないかなぁ(チラッチラッ


あと、敢えて書きませんでしたが、GOD HAFURIモードというモノが存在します。
アタック+ジャンプ同時押し+信仰率100%を消費して無敵になるんですが、ミソげないのでちょっと不便かも。
ボス戦では間違いなく強いんですが、持久戦になる上、100%はスコア的に辛い……
まぁ、被弾(接触)して信仰率が落ちるぐらいなら神世界の神(笑)になった方がマシですが。
こちらは、お空の核以上に難しいコマンドになります。原作に於けるボムなので、使いどころに要注意。
(但し、被弾すると分かっている場合は使う方がメリットがある場合もあります。ミソギが出来ないので要注意)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。