【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー】テンブレード

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】テンブレード

生きてますよ~、え~ちゃんです。
昨日までデスマですよ。もう全身がやられて家に帰れなくなるという異常事態に。
まぁ、業種的に何の不思議もないので、ある意味特殊っちゃ特殊です。なんてこったい!

私はそれが普通で当たり前だとは決して思っていませんが、今は生きる為に仕方ない。
就職氷河期を経験してるだけに、辞めたら後がないと思いますし。


以下ネト充?
ただのレビューです。但し、プレイ時間の関係で若干量少なめなのはご愛嬌。
こみトレで急遽発言力の強くなったメンバーの更に強い希望により、テンドーブレードをご紹介します。

こちらは、サークル「特殊装甲隊」さんの作品で、何と言うかロマサガ風RPGです。
こちらのサークルさんは過去に「原子暗黒殿」や「幻想四倍剣~天子の大逆襲」、「東方地平線~FlightSwitchOn!」といった作品を出しており、ちびキャラ(アイコン)とマップに定評があります。
ただ、こちらのサークルさんの作品は3Dワークを使用しているので、プレイするにはかなりスペックを要求されます。
事前にパソコンとは相談しておきましょう。普通にゲームマシンならまず快適に動きます。TEATIMEさんのベンチマークゲームでもあるまいし、その辺りは考えられているようです。
どうしてもダメだった場合、コンフィグ周りを細かく弄れるので色々試してみてください。このシステムも共通です。


まず、ゲーム開始直後、いきなり衣玖さんが拉致られます。思わず「えっ!?」と変な奇声を上げてしまいました。
きっと目撃した天子もそんな感じになった事でしょう、博麗神社で霊夢や萃香に頼み事をしたくなるのも分かります。いや割とマジで。
とりあえず呆然としている中でいきなりゲームが始まり、とりあえず衣玖を誘拐(?)したUFOをとっちめる事になりました。
霊夢と萃香を従えて仕切るてんこ可愛いです^q^


まぁ、ここいらは実際にプレイしてもらって流れを楽しんでいただきまして、私からご紹介するのは、ロマサガ風と言いましたが技を別段閃くわけではない事、陣列ボーナスはありますが陣形は組めない事(蒼神縁起とは違います)経験値という概念は意識されにくい事でしょうか。
使った武器・魔法の技術点が付与されるので、使い込めば使い込むほど強くなります。
が、基本的には装備の威力を準拠するので、悲惨な威力しかない武器だとレベリングが辛くなります。序盤で手に入る魔術書でマジックミサイル飛ばすよりちょっとゲームを進んで手に入る上級魔術書でマジックミサイルをぶっ放すのでは、2倍近いダメージ差が生まれます。
同じ理由で、天子の緋想の剣より強い斬撃系武器が手に入ったら乗り換える事も視野に含める必要が出てきます。
ちゃんとレベリング(と言う名の遭難、若しくは迷子)をすれば一撃で沈まなくなっているはずです。
無論、防御力を上げるのは急務なのでしばらくはアイテム探索に力を入れる事になります。

攻略情報というか、ヒントとしては、ステージが出てきた順に攻略していった方が、ドロップアイテムによる強化がしやすいので、無理に順番に攻略する必要もないかな、と。
RPGツクールの話で恐縮ですが、イメージが完全に東方四重奏団です。敵の強さが段違いに上がるので、無理だと思ったら場所を変えて見ましょう。案外スンナリ出来るかもしれません。
ボス相手にはとりあえず緋想の剣持ち天子で「アナライズ」しておけば何とかなるんじゃないかと。
それで行けそうか、無理か判断するとなるたけ止まらずに進行します。
かく言う私の進行状況もまずは行けるところに顔を出した程度なので、続編レビューさせていただきます。
これで分かれ、というのはあまりにも酷な気がする。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。