【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー】魔理沙と6つのキノコその1

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】魔理沙と6つのキノコその1

フォローさせていただいてます、respeqさんのプレイ動画を見てやる気出すとか、そういう方向に仕向けるのは私のはずなのにどうしてこうなった! え~ちゃんです。
ゲームは見てるだけでも面白いんですが、やってみるとこれがなかなかに快適な操作性で、やっていて楽しい!
元ネタは「マリオと六つの金貨」で、それをリスペクトしたようにキノコを6つ萃めてくるお話です。

ストーリー?ないよそんなの。

さすが黄昏フロンティアさんだ!
いや、実際のところはちゃんとゲームで、というかシステムというか。
まぁ、いつもの安定したサークルさんだからとかく言わなくても遊べます。
昔のゲームのノリですよ。MarisaLandとかその辺のノリです。

・スーパーキノコ=キノコ
スピンジャンプが出来るのは本家同様。コスチュームは普通に魔理沙。

・ファイアフラワー=お茶
ファイアボールの代わりに陰陽玉が投げられる。一昔前に風靡した巫女魔理沙が拝める貴重な瞬間。

・ニンジン=うどんげの耳
ちょっと頑張ったらちょっとだけ空を飛べるようになる。うどんげコスもなかなか

・スーパースター=アレ
みんな大好き!八頭身魔理沙!
( ゚∀゚)o彡゜OPPAI!OPPAI!
グラがエロい。そこはかとなくエロい。

を駆使してこの先生きのこるんだ!


何のゲームだっけ?アクションゲーだったよね?
私自身、ちょっと触った程度でしかプレイしていませんが、過去に出してきた同系列の作品と比べて大分挙動が良くなっており、操作性に優れます。
これなら変な運動法則とかに縛られないでプレイ出来るんじゃないかなぁ。
それでも、アクションゲームが苦手な人にはオススメしません。難易度はちょっと高め。
逆に、今まで黄昏フロンティアさんが作ってきた作品を楽しめた人にはちょっと簡単かな?と思う程度の仕上がりになってますよ。

因みに、既にパッチも出しておられます。遊ぶ際はまず当てておきましょう。
黄昏フロンティアさんはこちらから。


なんでもいいんだけど、ジョルジュ長岡知ってる人ってどれぐらいいるんだろう?
この名前にピンと来なくても、アスキーアートは有名だったはず。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。