【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー】東方蒼神縁起その1

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】東方蒼神縁起その1

お約束を果たしにきましたよ! え~ちゃんですどうも!
最初に運ばれてきたメニューはサークル「苺兄貴」さんより「東方蒼神縁起」です。
会場限定版のやたらとでかいパッケージスクリーンショットがやたらと目を引いた、というのもありますが、前情報をかなり仕入れていたので興味があったというw

しかしながらですね、ロマサガっぽいイメージを持ってましたがどうもそうではないみたいですね。
陣形システムや成長点のやり直しシステム(RPGツクールVXよろしくエンカウントした敵を倒してポイントを稼ぐ)というのはレベリングを飽きさせないのに重要な部分ですね。
最初面白いシステムというのは、後半は作業になりがちなのでそれを改善するべく序盤からスキルポイントみたいなのを稼げるようにして、ゲーム全体のストレスを取り除いているようにも感じますね。
まだ触りの部分しかやっていないのでアレですが、レベル1の時点で全滅と常に隣り合わせにあるので、なかなかステージを進めていくのが難しいかもしれません。
まぁ、グラフィックからお察し出来る通り、サークル「はちみつくまさん」ゆかりの歩行グラフィック・エネミーグラフィックなので同サークルの作品「はぢぎせ!」と比較されてしまうのはやむをえない事でしょうか。
AIRPRGやKanonRPGにも同じ事が言えるわけですが。
まだ東方冥異伝とかの方が分かりやすいかなぁ、とは思うんですが、個人的には食わず嫌い、というつもりはないんですが東方キャラ×オリキャラやクロスオーバー、というのはあまり好きにはなれない為、あまりその手のゲームレビューはしないんですよね。
改めるべきではあるんでしょうが、万人受けしないながらもゲームなんて自分得でやればいいわけですので、そこは匙加減かなぁ。
なるべく分け隔てなくレビューしていくつもりではありますが。

すみません、話がそれましたね。
さて、このゲームはセーブポイント、というものはありません。
と、言いますのもオートセーブシステムを採用しているので、うっかりデータがぶっ飛んでもある程度は何とかなります。
限度はありますが、こういうRPG系を長らくやり続けるとどうしてもセーブを忘れるので、こういうのは非常にありがたいです。
しかしながらですね、ザコ敵の難易度も高い上に全滅してしまうとドロップアイテムをロストしてしまう事もありますので、そこが難しいですね。
宝箱ドロップはまた拾えるから良いとして、モブ敵ドロップは結構良いアイテムもあるので、その時は泣きますねぇ。そう簡単に落ちてくれないですし。
人によってはここをストレスに感じてしまう事も。
まだ少ししかやってないですが、レベリングを作業と思ってしまうとこのゲームを楽しむのは難しいかもしれない、という印象を抱きました。
まだ途中なので未知のシステムなどもあると思いますが、まずは触って見た感想まで。
続報をお待ち下さい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。