【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】第1008回「どんな花火が好きですか?」

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1008回「どんな花火が好きですか?」

最近のFC2さんの努力は異常w というぐらい頑張ってもらってます、どうも志摩嶋エイジです。
ネタとブームは探すものじゃない、作るものだ! とは持論ですが、ネタやブームになりそうなものを探す努力は必要です。


こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「どんな花火が好きですか?」です。暑い日が続き、もう夏真っ盛りですね!夏と言えば、花火ですね・・・。みなさんは、どんな花火が好きですか?水谷は、線香花火が好きです。打ち上げ花火などの派手な花火もいいですが線香花火のように、しみじみと楽しむ花火が好きです。花火で遊ぶ場合は、かならず水の入ったバケツを用意して安全な場所で遊んでくださいね!み...
FC2 トラックバックテーマ:「どんな花火が好きですか?」




今回のテーマは花火なのに、これからするのは霖之助からみた少女たちの弾幕です。
公式で弾幕が出来ない霖之助は何を思って彼女たちの弾幕ごっこを見つめているのでしょう。
どうやら、弾幕ごっこに於ける競争は彼も止める気がないので、大の大人なら勝負事に通じるもの(何かしらの形で傷つくもの)を何も言わないのは現代とは違いますね。
ある程度の異変はお遊びのような感覚で受け入れられているところを見ると、弾幕も異変も幻想郷の住民にとっては何らかのお祭りなのではないか、と推測します。
特に、弾幕ごっこは異変ほど大人数・大掛かりな事をしなくていいので、力の弱い妖精から強大な力を持つ一個体の妖怪まで(センスの違いこそあれど)対等に戦える。
で、彼女たちがルールを破ってまで勝ちに行かない【これ重要】ので、第三者的には手出しは出来ないけど見ている分には美しい存在なんじゃないかなぁ、と。
何度も言いますが、弾幕ごっこも一種の勝負事ですが、現代で言うところの野球やらサッカーなどスポーツに通ずるものがあるので、彼女らの中では弾幕ごっこはちゃんとした競技なのだと考えます。
特に、あまりにも華美な弾幕はこちら側の人間(一般にシューターと呼ばれている方々)をも魅せる弾幕を並べる人妖が多く、その中で難易度によっては能率的にユーザーを倒すので、負けても仕方ないな、と思わせてしまうのでしょう。

メタな話をすると、弾幕が美しいのはZUN氏が組んだ関数に拠るわけですが、まぁ理詰めれば理数は面白いんですよ、と。
花火も実は火薬の詰め方や打ち上げ角度で観える花火弾の軌道が違うわけで、現実だと風向や風力などの要素が加わります。もちろん法則や計算は出来るんですが、無粋なのでそこはランダム弾とします。
マグネシウムも濃度や酸化具合で違う色を見せるわけですし、ただ漠然と打ち上げられる花火を見て「綺麗だ」と思うものが、幻想郷に於ける弾幕だと思うのです。
実際、プレイ時は弾幕をゆっくり見る事は出来ませんが、リプレイを取ってから眺める弾幕も良いものです。
弾幕美を語るのは弾幕を展開出来る人妖だけなら、花火の美しさを語るのは花火職人だけになっちゃいますしね。

きっと、霖之助はこちら側の世界の私たちで、私たちは幻想郷側の霖之助なのです。


では、本題、というかテーマにw
やや暴論になりましたが、花火を弾幕とした時、弾幕は花火である、という証明っぽい事をやった上で、花火の種類を問うなれば、旧三部作の方がまだ弾幕美としては綺麗だった、と捉えています。
新三部作もSTGとしては良い難易度なんですが、プレイヤーを倒すための弾幕というのも多いんですよね。
勿論、主観なので反論は多数あります事でしょう。懐古厨云々、という言葉だけ受け入れます。

しかして、旧作を思いだしていただきたい。
あの時系列的にはまだ東方projectは弾幕美を語る事のない弾幕STGでした。
東方幻想郷に於けるくるみ戦は「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」の砂漠、デスマウンテンの神殿の床トラップそのままでした。
東方ではゲームのシステム上、耐久弾幕ではなかったんですが、神々のトライフォースは耐久でしたし、そもそも避け続けるゲームでもないので、結構ストレスになったりならなかったり。当然、ボムとかないですし。
一応、ボム(爆弾)はアイテムとして存在しますが、そんなもん置いてどうするんだ、というボンバーマンタイプの爆弾なので話になりません。
時のオカリナで視点を変えて床トラップが存在しますが、盾を構えてぼーっとしてるだけで凌げますし、そもそも床トラップ耐久系はなかったのであんまり印象に残らないかもしれません。


他作品5つ出ていますが、処女作の東方靈異伝はSTGではなくブロック崩しでしたが、あの頃から弾幕っぽいシステムは取り入れられています。
ゲーム的に空を飛べないので横避けしか存在せず、また最強の敵(陰陽玉)が常に靈夢の隙を窺う(自分で撒いたタネとか言わない)ので、被弾率がヤバい。ボスなんて慣れるまではほとんどボムゲーでしたし。
まぁ、ブロック崩しで弾幕美を語るのは間違ってますがね。

それを準えると、東方封魔録2面道中の中ボスが出す呪い弾幕は酷かったw
初見殺しは何時でもどこでも言われますが、あれには美しさも減ったくれもない、未だにこれを超えるへにょり軌道はないかな、という感じです。
Easyでもこんなのが出てくるんだからマジ鬼畜ゲーです。覚えればなんて事はない、と言ってしまったらExtra攻略に困らないよっw

一番見れるのは神綺の魔翼展開後の弾幕かな。似たようなのを諏訪子やら白蓮さんがぶっぱしてきますが、今でも語られる神綺伝説(アホ毛ではなく)だと思ってます。


でも、一番好きなのは幽々子さまの通常なんだ。
オチなくてすまない(´・ω・`)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。