【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー】東方戦爛華

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】東方戦爛華

ふし幻のレビューも溜まってますが、先にこっち吐いときます、え~ちゃんですどうも。
攻略系みるなら最近はWikiの方が色々と情報が載ってるんでそちらをオススメします。
ここでやるのは主にレビュー、Wikiや攻略スレ・そもそもゲームの情報が見つからなかった場合は事細かに書いていく方針で。
ゲームの紹介は大体制作のしおりさんOperationJaguarさんをご覧いただければと思います。
(ここより情報が早いです)

まずは一言。
霊夢がFE暁アイクになるゲームでした。
Exでダメージカット+訳分からん回避力=俺TUEEEE!
戦闘バランスも、難易度調整は出来ますが後半は全て霊夢を前提に組んでいるようで、正直回りのキャラクターたちの仕事が霊夢総支援に、また霊夢自身は霊力を使わずダメージキャンセルするだけでLunatic攻略出来るって言う、ある意味ドリフトチャンプ(ゼロヨンチャンプシリーズ)のオーバーステアチートに通じるものがありました。

しかしながら、これはある意味考える必要なくプレイが出来るというもの。
戦略ゲーという枠組みを外す事なく無双ゲーが出来るのはそれはそれで面白いものです。
行動順が予め解るので、それに合わせてダメージコントロールするのはある意味TCGに通じるものがありますし、当然敵も後方支援しているユニット(基本的に体力や攻撃力が低いので狙われやすいですが)を攻撃しますので、Hard以上だとなかなか上手く進行しないのではないでしょうか。

そこで、周回プレイをお勧めします。
これは、低難易度で得た経験値をそのまま他の難易度でも引き継いで使える、というもの。
当然と言えば当然ですが、バランスブレイクしない程度で引き継がれるので低難易度をやり続ければカンストするわけではありませんが、少なくとも1から始めるよりはかなりやりやすいかと。
特にLunaticは最初が一番の詰みゲー(手数的な意味で)
後半は味方の支援が付くので要領よくやれば何とでもなります。広範囲射程キャラは本当に便利。
逆に、足は早いけど戦闘には弱いキャラは自分にダメージコントロールして弾除けになります。こちらも便利。

難しいのは重戦車キャラ。自ターンが来る時までには他の仲間がザコ狩りしてるか、ボスに近づくまでにフルボッコ確定なのであんまり目立った事は出来ないので、結局お留守番に。
防衛戦だと頼りになりますが、このゲームのシナリオ上防衛戦もなかなか無いので正直要らない子筆頭に。
時間を掛けてじっくりと攻めるLunaticでは重宝するんですが、頑張り過ぎて1ターンで沈む事もあるため、使う場所には注意が必要です。

ただ、このゲームはシナリオが面白いので、戦略ゲームというよりはノベルスとしてオススメします。
もちろん、戦略パートも無視出来ませんが、Hard以降にシナリオが変更されるためか、全体的に易しく作ってありますし、邪道ですがセーブ&ロード法で乱数調整出来るので、粘れば戦略ゲーは苦手に思う方でもHard程度は攻略出来ます。
また、味方ユニットは倒れても次回からノーリスクで復活しているので鉄砲玉作戦というのもアリです。
但し、大体のシナリオは霊夢の敗走が敗北条件というのが多いので鉄砲玉のリスクは大きいです。ご注意。

TravelFrontierさん
今回ご紹介させていただきました、東方戦爛華(サークル:Travel Frontierさん)です。
今回は霊夢の章ですが、次回は魔理沙の章を出品されるようです。私は買います。霊夢の章を家に二つ買っちゃうぐらい好きな作品です。
うっかり買った事を忘れていたわけではないぞ、断じて!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。