【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【レビュー】制作のしおりさんから抜粋したものをば。

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】制作のしおりさんから抜粋したものをば。

前回の記事からの続き書きます、え~ちゃんです。
連載物じゃないのでご安心くださいな。

今回紹介するのはこちら。

パルスィと一緒にあそぼ/作者:>>472氏(RPGツクールVX)
東方魔符捜 ~ Seeking and Retaliation.&東方四重奏団 ~ Fancy and Funny Quartet.:AOさん(RPGツクールVX)
あたいの最強の一日/作者:miriさん(RPGツクール2000)
東方蓮玉蝶/作者:あざなさん(RPGツクール2000)

供給と進行が間に合わないwww

1.パルスィと一緒にあそぼ
霊夢が主人公なのか、パルスィが主人公なのか分からなくなるノベルゲー。
普通に家に危険人物が巡回してるとか、霊夢はいつからスペランカーになったんだとwww
もちろん、触ったら即ゲームオーバーなのは言うに及ばず。
効果音にいちいちウケたのは私だけでいい。

2.あたいの最強の一日
こちらもスペランカーゲーです。立て付けが悪かったり踏まれたり落とされたり交通事故(?)があったり辻斬りされたり理不尽に強制送還されたりします。
多くはプレイヤーの不注意と自業自得な部分がありますが、一番憎むべきはこういうやらしい配置をした作者です。いいぞもっとやれwwww
こちらは如何に格好よく死ぬか、の方が面白いかもしれません。ゆうかりんに踏まれたい。
まだ開発中なので気長にスペランカーしてます。ヒロシのジャンプ力をスペランカー的に適用するとジャンプしただけで死ぬよね?

3.東方四重奏団
同じく未完ですが期待出来る作品です。
ある異変で強くなっていくバカルテットを霊夢が討伐するゲームっぽいです。どことなくチミルリに似てますが、決定的に違うのはプレイヤーが悪役である事、そしてRPG的に強くなっていく事でしょう。
ヒーロー物で悪役側を応援したがる私にとっては好物です。イベントで強キャラに強制敗北の流れにならないかどうかが心配ですが、そこは作者のみぞ知るところで、私が関与すべきではないんですが^^;

4.東方魔符捜
↑と同じ作者の作品。こちらは魔理沙がなくしてしまったスペルを探すというもの。難易度も比較的易しく、サクサク進めるのでやってて楽しいです。
ここの作者は他の作品と比べ、VXながらダメージがインフレしない(DQみたいなイメージ)なので個人的にはすごくお気に入りです。
また、システム面でも強スキルが何時でも撃てるわけじゃないので、ダメージコントロールの楽しみがあります。
(次回作・東方四重奏団でも実証しています)

5.東方蓮玉蝶
マ○ー? 本当に昔風のゲームです。
システム厨的な意見はありませんが、ボーナス経験値によるパラメーターの補正が利くので、ゲームに詰まったら試してみると案外行けます。難易度もそれほど高くなく、本当にゲームとしての面白さが表れています。
スキル・アイテムから敵まで丁寧に作りこまれており、作者のゲームへの愛を感じる珠玉の一作です。
(ネタバレになるのでストーリーに触れられないのが無念でなりません)


遊ぶ際はランタイムパッケージをお忘れなく。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。