【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【紹介】初!ハドソンゲー……なのに戦略ゲー。

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【紹介】初!ハドソンゲー……なのに戦略ゲー。

【理想】
                       ヘ(^o^)ヘ いいぜ
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ てめえが何でも
                /(  )    思い通りに出来るってなら
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  まずはそのふざけた
       幻想をぶち殺す

【現実】
(´・ω・`)オレガ ワルカッタ


え~ちゃんです、どうも。
面白い表現を書くのが難しい、魅せるイラストが描けない、塗れない等など問題は山詰みですがこれ如何に。
もう今にも宮崎吐夢の歌声でも聞こえて来そうですわ。姫君リナじゃない方のw
もう一度トレスから勉強し直すべきか否か、悩んどります。それで書いた物を出したら問題ですが、勉強する意味では先人の知識を学ぶのが一番手っ取り早い、というのも事実。
解りやすく言うと将棋や囲碁なんてその典型ですね。プロでさえ棋譜を見て勉強するわけですし、定石なんてその典型ですな。

さて、ボンバーマンウォーズ、というゲームをご存知でしょうか?
これはボンバーマン系列では珍しい(そもそもハドソンでも珍しい)戦略ゲーム系列という事で、宅ゲー通の友人に勧められてプレイしてみた次第です。
バーチャルコンソールだからこそ出来るゲームでありまして、実機はセガサターンなのでマニアックな方でないと実機プレイは難しいw
しかして、これが結構面白そうなのでやってみる事にしました。

さて、レビューから入っても良いんですが、今回は東方じゃない上にイメージ出来るボンバーマンシリーズとはまた違った感じなので、まずはゲーム概要とかその辺りから行きましょうか。

1.どんなゲーム?
9×9マスのボードの上でそれぞれ5体の個性的なユニットを配置し、相手を倒すというもの。
ボンバーマンシリーズらしく、爆弾で倒すのか自爆するのか、という部分は健在。
なお、ボンバーマンシリーズと違うのは、RTSではなくターン制を採用している、ということ。


2.ゲームの雰囲気
□□U U K U U□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□U U K U U□□

K=キング・大将。爆風に巻き込まれると負け。
U=ユニット・護衛隊。Kを守るのが主な役割ながら、Uが全滅しても敗北条件なので注意。
B=ボム・爆弾。1ユニット(キング含)に1つしか置けない。つまり、自分が置ける最大の爆弾数は5である。

ここにブロックやアイテムといったギミックが置かれるんですが、説明する分には必要ないので省略します^^;


3.ゲームの進め方
簡単にKとU、と記述しましたが、それぞれの移動力と爆弾配置距離(以下配置)が違います。
例えば、キングの移動力は1・配置は2なので、1マス移動してから2マスまでの間に配置したり、先に置いてから動いたり出来ます。
ユニットも、同じように移動が割り振られていますが、1だったり2だったり3だったりと様々です。
配置も違います。それぞれの能力に応じてユニットを使い分けていきます(追記参照)
これでブロックを壊したり、相手を追い詰めたりしていきます。


4.爆弾について
爆弾は置いたらすぐに爆発したりはしません。原作と同じですね。
置いた時から5カウント取り、0になったら爆発します。この時、爆風に巻き込まれるとロストし、ゲームから除外されます。
カウントの取り方は、互いのプレイヤーがターン終了を宣言した瞬間に爆発します。つまり、自分のターンが来る頃にはカウントは2回取られている事になります。
また、爆弾は1ユニットに1つまでしか置けません。
なお、爆弾は誘爆します。爆風に巻き込まれると例え5カウントであったとしても爆発します。自爆特攻怖いです


5.特殊能力について
特殊能力とは、そのユニットが固有で持っている物とアイテムによって得る物の二種類があります。
特殊能力の発動タイミングは爆弾を置く時と同じタイミングです。つまり、爆弾を置いて特殊能力を発動する事は出来ません。但し、特殊能力を発動してから移動若しくはその逆は出来ます。
特殊能力は以下の通りです。

・爆弾カウントを1上げる・下げる
・対象のキャラクターを移動させる・対象の爆弾を移動させる
・障害物の影響を受けない
・悪路に進入出来る
・爆弾のカウントを1にする
・1回だけ被爆してもロストしない

これ以外にもありますが、あまり書きすぎると面白みがないのでw


やってみた感想としては「ボムカウントの上げ下げゲー」でしょうか。
置ける場所ならまだしも、数が1つしか置けないのでさっさとカウントを下げてしまいたいのが置いた側の理想ですが、置かれた側は爆発しないようにカウントを上げて爆発させない努力をする。カウントを上げられると話にならんので下げ直すか誘爆するかどちらかを選ばざるを得ない。
どちらにしろ、自分のターンになる前に2カウント減るので、不発弾にしようと思ったらこちらも2カウント上げる必要があるので、攻撃力は下がるんですが。

この記事、需要あるんかなぁ。
大将棋は一応ネタにあるんで、興味がある方もいらっしゃるかと思いますが、さすがにボンバーマン系はこのブログに於いては人を選びそうです。しかも戦略ゲーですしおすし。
私は好きなんですが。

公式ページはこちらから
昔のゲーム、というだけにあまり情報は載せられていない模様。

追記

(移動力/爆弾配置距離 特殊能力)になってます。

王様 1/2 被爆すると敗北
戦士 2/2 無し
魔法使い 1/3 無し
盗賊 3/1 無し
僧侶 1/1 コマンド:祈る:効果範囲の爆弾を1つ選択し、その爆弾のカウントを1増やす:距離8マス
妖精 2/1 水上歩行:水面、溶岩の上に移動可能
巨人 1/1 コマンド:運ぶ:距離1マスのキャラ、爆弾を、距離1マスのどこかに移動する。キャラ、爆弾の設置不可の場所には置けない
狩人 2/1 コマンド:矢を射る:効果範囲の爆弾を1つ選択し、その爆弾のカウントを1減らす:距離3マス
武闘家 2/1 コマンド:突き飛ばし:距離1マスのキャラを対象のキャラから見て2マス先に移動する
司教 1/2 コマンド:祈る:効果範囲の爆弾を1つ選択し、その爆弾のカウントを1増やす:距離3マス
聖戦士 2/1 コマンド:祈る:効果範囲の爆弾を1つ選択し、その爆弾のカウントを1増やす:距離3マス
武士 1/1 コマンド:居合い切り:効果範囲の爆弾を1つ選択し、その爆弾のカウントを2にする(カウント1であっても2にする):距離1マス
忍者 2/1 飛び越し:すべての移動不可の範囲を飛び越えて移動できる。ただし上には乗れない

○キャラ制限系
勇者 3/3 王様の替わりに使用可能。被爆すると敗北。ただし自分を正面に左から牧師、戦士、勇者、魔女、盗賊というキャラ配列しか出来ない
王子 3/2 王様以外のキャラとして使用可能。ただし、他のキャラで同じキャラを2体以上使えない(王子2体も不可)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。