【Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く】【 #生活保護 】新審査の問題点【 #生保 】

東方二次ゲームメインからオリジナル・企業系や漫画へ。TRPGやサバゲのアナログライクも

Age of Networks(AoN-DB)え~ちゃんぶろぐねっとわ~く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 #生活保護 】新審査の問題点【 #生保 】


これは去年の動画です。個人的な見どころは8:25からの「野田政権と南朝鮮の癒着関係について」言及している質問で
すが、そこに至るまでの一連の流れはさすが、片山さつきといったところでしょうか。
ネトウヨじゃないつもりですけど売国主義でもないんで、帰化献金政治家が幅を利かせてる民主党じゃなくて、帰化献金政治家の発言力が比較的小さい自民党の方がまだマシに見えますね。
もちろん、自民党にも左翼議員は居ますし、献金を受けてるであろう議員は居ます。売国議員も居ます。
最近話題になったのは与謝野馨元たちあがれ日本共同代表とかもそうですね。
一度除名した人間を復党させるなどと、自民党も与謝野馨元民主党経済財政政策担当大臣も一本筋が通ってませんね。
与党で甘い汁を啜ろうとし続けた彼を『人道的な意味で』救おうとしますかねぇ。
まぁ、本日の記事ではこの件について私の意見としての言及を避けますが、好意的な現象とは捉えていません。

閑話休題
なんで今更ナマポなんて取り上げたかと言うと、気になる情報を見たからです。
生活保護の利用を妨げる「生活保護法の一部を改正する法律案」の廃案を求める緊急会長声明によれば、
・保護申請権行使妨害
保護を受けたい人に申請自体をさせない。本来こんな権限は役員程度の人間にはありません。いわゆる水際作戦ですね。
条文に「生活保護法を受ける前にあらゆる法を適用するよう務める」とありますが、生活保護は受理しないけど別の機関があるから有利子で借金すればいいよ、と勧める職員の態度は明らかにここに引っかかります。
受理が決まったら彼らは簡単に自己破産しろと言ってくる辺り、何を言ってるのかさっぱり分かりません。自己破産をさせる事でノルマを稼いでいるのかと思いたいぐらいです。
・三等親以内の扶養義務
馬鹿げてますね、えぇ馬鹿げてます。
結論から申し上げますと、扶養したくもない縁者にお金を出さなければならないような話を受け入れますか?という事です。
顔も見たくないし同じ環境で生活したくもない人間が縁者に居たとして、そんな人間を家に招くなんてゾッとします。受け入れられる側も酷い精神的苦痛を伴います。
更に付け加えるなら家に戻る事で精神的苦痛を覚える場合若しくは統合失調症他の精神的体調不良に苛まれた時は?役所はそれでも同居しろと言いますか?
家に居ることで厄介者だという認識以上に家庭内いじめとかも普通に考えられますが、まさか彼らはそこを全く考慮しないつもりでしょうか?

私の話でアレなんですが、相続関係で揉めるような話にならないように家に礼を尽くして来ましたし、そもそも厄介な事にならないように親を仲介して兄弟間での約束を取り付けています。
なので、私は私自身を恵まれていると解釈します。家族仲は良く、一人暮らし(親離れ)にも非常に協力的で、経済的支援は絶たれました(お願いしたところはあります)が精神的支援は惜しみなくしてくれている。
親や兄弟だけでなく、祖父母や従姉弟とも繋がり深くやってこれているからこそ、ちゃんと自立できてると感じる一方で、
みんながみんな親族間の仲が良いわけがないのです。失礼ながら金銭的援助を目的とするだけなら生活保護法なんて要らんのですよ。
バックアップがあるからという精神的な安定も目的にしているはずなんですが、何故かそこは議論されない。一般に、お金の話なんで面白い事になる人が多いんですけど、だからと言って視野狭窄になっていい理由にはなりません。
私の話だけで言えば、金銭的援助はなくても精神的援助は大きく得られたから今を生きられているのであって、精神的援助もない人たちはどうやってやっていけるんでしょうね?

その上で言及します。「最低限の文化的生活を営む権利」について。
パチンコ店でも法律許可賭博他でもコンビニよろしく年齢確認すべきじゃないの?とは思うんですけどね。法律が認める・認めないの差異はあれど、立派な賭博でしょう。
パチ屋にお金を突っ込むのはOK(国民の最低限の生活保証の観点からダメでしょ)で、借金返済に生保を使ってはならない(人様の税金で自分の借金を返そうなんて筋違いにも程がある。こちらは禁止されています)意味が分かりません。
パチで生計を立てようとしている姿が同人で稼ごう(≠儲ける)とか考えている人間に被って見えて将来設計もままならない話を延々されても正直、反応に困るわけで。
それが本人のお金ならともかく、納税者(働いてるけど納税していない一部の人は除外)のお金だという意識を持たせるための施策を打ち出す方が余程効率的だとさえ思えてしまいます。
朝鮮玉入れと揶揄されている事はご存知かと思いますが、国家権力の天下り先でないのなら真っ先に然るべき規制を掛けられるべきなんですけどね。礼の話は事実なんでしょうか。

さて、色々と述べました。
「ソースは俺」で大変申し訳無いんですが、私の意見や体験については全て実話を元にして言及しています。
審査を厳しくする前に、利用状況を徹底的に管理するシステムを構築するほうが先でしょう。
IT需要が高い昨今、書類等でのしょぼい運用をいつまでも続けているようでは管理もままならないでしょうし、大いに業務改善の余地があると思いますがね。
#だが裏にはiPhone導入への布石という意味合いもありそうだ。

審査云々よりも、現行の審査を全国で統一して、一介の役員に生活保護受給の可否権限を与えるべきではない。
迅速性を重視した結果が不正受給に繋がるのなら、申請時点での監督責任を持った上で(現行施策)対策を考えるべきではないかと考えます。
一部の高額受給者に不正に回された分を増える受給申請者に回せると考える方面での議論が無視されないよう祈る他ないでしょう。
無論「ぼくのかんがえたさいきょうのなまぽ」ではなく、施策に打ち出すなら一部目を瞑った点があります。
某増田が叫んでいる穴だらけの方法を鵜呑みにされないよう、税金の使い方を知らない(一部の仕事をしない)役所を監視する義務が私達にもあると考えていかねばなりません。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。