Age of Networks(AoN-DB)え〜ちゃんぶろぐねっとわ〜く


(※閲覧注意)【レビュー】ぶい112CRさん・燃魂さん【例大祭8】


やぁどうも。えーちゃんです。
久しぶりにゲームレビューをどどどどっ!とやっちゃいます。

しかしアレだなぁ、レビュー凄い楽だなぁ。ADV系は特に。
ただ、記事にし辛いだけでありまして。

とりあえず初見さんは回り、特に後ろとか横とか音とかに気を付けて、部屋なら鍵を掛けて→辺りのパスを突っ込んでください。
ZAQとかに引っかからないように配慮してますんで。




どうなっても知らないよ!
警告は一応しましたよって。

まぁタイトルからお察しですね。
いつもお世話になってます、ぶい112CRさん燃魂(バーニンソウル)さんより、
の三本をお届けします!
こいフラ日和
画像

妹のこいしちゃん、フランちゃんの二人の中で揺れる青年のお話です。
こちらの作品は主に二人の妹が大好きなお兄ちゃんを取り合う、というものです。
選択肢もなく、さらっと流し読みできる感じの良い内容でした。
大元は幻想郷の外からやってきた外来人が拾われて紅魔館へ、の流れです。

ぶい112CRさんの純愛路線ゲーなのでプレイ自体もらぶらぶちゅっちゅ系です。
ちょっとだけ嫉妬描写がありますが、キツいプレイを要求するものではありません。
同系列に過去作「フランちゃんウフフDays」があり、こいしも少々イジメ系ですが「東の国の幼辱記」があります。
よもや次回作など出ないだろう、と思っていたところだったのですごく新鮮な感じでしたね。
ただ、どちらも幼辱記の若干危ない雰囲気だけは持っています。基本的にはちょっと嫉妬してる?感じですね。
なので、イジメ、ダメゼッタイ!な貴方にオススメ。
ちょっと手を焼かせるかわいい妹に、ちゃんとお兄ちゃんとしての愛情を注いであげましょう。

ちっぱいずり、最高ですよね!

プレイ時間:15分ほど。
CGモード・SCENEモード対応
自動めくり、スキップアリです。
いつものぶい112CRさんでした。
天子と同棲っ!
画像

同じく、ぶい112CRさんです。但し、こちらはこいフラ日和と絵師さんが違います。
超個人的にはこちらの絵師さん(しろんさん)の絵が可愛すぎて天子株がすごい勢いで上がってます。
一言で片付けちゃえばアニメ絵・萌え豚ご用達ですが、ネチョゲネチョゲした感じですね。

こちらも外来人が幻想郷で生活を根付かせて行こうというもの。
先ほどのこいフラ日和と違い、対象が天子だけで、こっちは初々しい夫婦といった感じです。すごい甘い。
こいフラはちょっとピリ辛なのがあるとすれば、天子と同棲っ!はもうただひたすらに甘い!
「大ちゃんと一緒!」がこれぐらい甘かったです。

さて、今回はょぅι゛ょもので攻めてきたぶい112CRさんですが、超個人的にはこちらをお勧めします。
まず、こいフラと違って5日→7日と若干長い、ロリ通り越えてペド描写まであるので更にレベルが高い!
ょぅι゛ょがまるまるおててでアレをにぎにぎしてくれたりとか!
頑張って頬張ってくれたりとか!
もうどっからどう見ても危険ですね。東京都の法案はどうなったのか聞きたいぐらいでした。
シリーズ定番の「試験」は今作にもあります。お相手は衣玖さん。
果たして、無事に試験をパスすることは出来るでしょうか――

ちっぱいずりはたまらんね!

もう一つだけネタバレします。
何度かある天子とのキスシーンの絵が可愛いのでサムネ一本釣りをば。
本編も是非是非全部遊んでみてくださいね。
(後日交渉)
難題 姫の攻略
画像
こちらはバーニンソウルさんとの合作になります。
スクリプトはぶい112CRさんからとなります。

上でご紹介した2点と比べると非常に難易度が高いです。
と言っても選択肢が追加されただけですし、その全てのルートに専用CGがあります。
ぶっちゃけ、主人公の扱いが変わるぐらいです。
細かいことにプレイ中の選択肢によってもルートが決まりますので結構シビアです。
まぁ、大体は輝夜姫に対して深い敬意と慈愛を示せばそうそう難しくはありません。
輝夜クラスタご用達とも言えるでしょう。

そこに様々な問題が邪魔をします。
ぶっちゃけ、永遠亭のメンバー全員が襲い掛かってくるというかw
あなたは如何にして彼女達の誘惑を断ち切るか、その一点が問われます。

よって、プレイや攻略対象キャラは非常に多いです。
桐沢技研さんの艶符永遠亭ではないですが、匹敵するぐらいに多いです。

もちろん、プレイも充実してます。そりゃ色々と。
大体が永遠亭の客分という立場なので受け多めと言ったところでしょうか。
しかして、無事に難題 姫の攻略が成った時、あなたの輝夜株は急上昇していることでしょう。
それは是非とも、ゲームの中で確かめてください。
番外編:サークル・ナツオトメさん「ナズーリンを俺色に染めあげる!」
画像
ある意味、閲覧者プレゼント!と言った所でしょうか。
ナツオトメさんの作品は複数あるので、まとまってレビューさせていただくつもりですが、この場にて先行で情報をお届けします。

本作は上記3点とそもそものゲームエンジンから違いますが、システムは同じです。
こちらは難題を更に難しくしたようなゲームで、選択肢一つが正解のルートとは限りません。
まぁ、概ねはナズーリンとイチャイチャするか乱暴にしちゃうか。それで主人公やナズーリンの性格がゴロッとかわってしまいます。
個人的にはすごく面白いシナリオとシステムだと思います。フラグ管理ってのもありますが、そんじょそこらのADVと違って簡単に攻略できないようになってるんですよね。
そこら辺りはまるで昔に出ました、Coolierさんの東方操人形(無印)に通ずるものがありますね。
ただ、本作はそこまで外道でもなければ選択肢が多いわけでもなく、難易度もまだ低いです。
総当たりして全シーン回収できるぐらいには。

本作は色んなナズーリンの姿を見るゲームと割り切った方がいいですね。
普通に純愛・凌辱路線が存在するので、人を選びます。分岐は出来ますが、初見は見なきゃ分からないので。
とは言え、いきなり触手が出てきたり拡張されたりという事はないので、よほどハードなのがダメ、という人以外でもまぁ、マシなんでないかなと。
ただ、上のような純愛路線を目指す作品と比べると異色なので、手を出す際は要注意。
また、ナツオトメさんの作品はこれ以外にも同じ傾向の作品がちらほらと見当たりますので、よろしければどうぞ♪
前:[*]05/13のツイートまとめ
次:[#]【徒然】サークルの方針とか放心とか【志摩嶋エイジ】
コメントを読む(0件)&書く

[0]トップページ
このブログを友達に教える
ログイン

Template By 怖い話まとめブログ


i-mobile